【驚愕】死海文書が65年ぶりに発見される・・・

スポンサーリンク

スポンサーリンク

約2000年前に書かれた聖書の原型ともいえる「死海文書」が新たに発見されました。今回の発見は65年ぶりです。

歴史的な発見があったのは、中東の死海のほとりに広がるユダヤ砂漠で、調査隊はロープを付けて崖を降りなければたどりつけない横穴、通称「恐怖の洞窟」で発掘を続けてきました。

イスラエル考古学庁によりますと、発見されたのは約2000年前に書かれた巻物の断片20個ほどで、ギリシャ語で旧約聖書にある「ゼカリヤ書」の一節などが書かれていました。

動画と全文は下記
https://www.google.co.jp/amp/s/news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/amp/000210048.html

スポンサーリンク

死海文書(しかいぶんしょ(しかいもんじょ)、英語: Dead Sea Scrolls)あるいは死海写本(しかいしゃほん)は約2,000年前の古文書であり、1947年以降死海の北西(ヨルダン川西岸地区)にあるクムラン洞窟などで発見された972の写本群の総称。主にヘブライ語聖書(旧約聖書)と聖書関連の文書からなっている。死海文書の発見場所は1947年当時イギリス委任統治領であったが、現在ではヨルダン川西岸地区に属している。「二十世紀最大の考古学的発見」ともいわれる。なお、広義に死海文書という場合、クムランだけでなく20世紀後半の調査によってマサダやエン・ゲディ近くのナハル・ヘベルの洞窟から見つかった文書断片なども含むので、文書数には幅が生じる。

死海文書 – Wikipedia

スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

エヴァの公開に合わせてるあたり裏で何かが動いてるな😱😱😱

コメント