sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

ダルビッシュ「旅行じゃない」自己責任論に反論

   

カブスのダルビッシュ有投手(32)が、シリアの過激派組織による拘束から解放されたジャーナリスト安田純平さんに対する「自己責任論」に反論した。

安田さんの解放に、ネット上では安堵(あんど)と喜びの声が多数あがったが、自ら紛争地帯に入って拘束されたことを非難する自己責任論も少なからずあり、議論が巻き起こっている。

ダルビッシュは25日更新のツイッターで「一人の命が助かったのだから、自分は本当に良かったなぁと思います」と安田さんの解放を喜ぶとともに、「自己責任なんて身の回りに溢れているわけで、あなたが文句をいう時もそれは無力さからくる自己責任でしょう。皆、無力さと常に対峙しながら生きるわけで。人類助け合って生きればいいと思います」との考えを示した。

ダルビッシュのツイッターには異論も寄せられたが、「人間が助かったわけでそれに安堵するのって変でしょうか? 後悔とか反省って自分でするもので、他人が強要するものではないと思うんですよね」と反論。「なぜ現地に行ったか?考えてから言った方がいいですよ。旅行じゃないんですから」と呼びかけた。

続けて「ジャーナリストが現地に行くことで助かる人たちが増えるし場合によっては他国の介入で戦争が終わる可能性もあるわけです。ただ場所によってはジャーナリストも拘束、殺害されるリスクがあるわけで今回はそのリスクに当たってしまっただけの話。非難はできない」と説明。「逆に4回も捕まっていて5回目も行こうって思えるってすごいですよね。毎回死の危険に晒されているわけですよ。でも行くってことは誰かがいかないと歴史は繰り返されると理解しているからではないでしょうか?」と私見を述べた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181026-00373193-nksports-ent

 

経緯知らないのなら口出ししなけりゃいいのにね…読んでるこっちまで恥ずかしくなるわ…(;´Д`)

関連コンテンツ ユニット



 - スポーツ, ニュース, ネット