ドジャース「ダルビッシュは29年間待った優勝のチャンスを壊した」 → 地元紙がダル叩きで炎上

ドジャース「ダルビッシュは29年間待った優勝のチャンスを壊した」 → 地元紙がダル叩きで炎上

米地元報道は炎上ダルビッシュを酷評「抜擢大失敗」「これがド軍最後登板」

勝つか負けるか―。ドジャース、アストロズどちらのチームにとっても、後のなくなったワールドシリーズ(WS)第7戦でドジャースのダルビッシュ有投手がマウンドに上がったが、2回を持たずに5つのアウトを取っただかで、まさかの5失点KO。後を受けた中2日で登板したエース、クレイトン・カーショー、抑えのケンリ―・ジャンセン、アレックス・ウッドらが無失点に抑えたが、ダルビッシュの崩壊が最後まで響き、1-5で敗れ29年ぶりの世界一を逃した。

背水のマウンドを任されたにも関わらず、第3戦に続き結果を残せなかった右腕を地元のメディアは一斉に厳しく批判した。

ロサンゼルス・タイムズ紙は「ダルビッシュ有のまさかのあり得ない先発が、ドジャースのワールドシリーズに勝つチャンスを失わせた」という見出しで報じた。

「ドジャースは他国から来たというだけでなく、自分達が思っていたのと違った新加入選手を温かく受け入れた。そしてその終結は心温まるというにはほど遠かった。ダルビッシュはドジャースのワールドシリーズの(勝利のチャンスを)失わせた」と厳しい文章で伝えた。

「日本の右腕はたった5アウトで5失点し、ドジャースが29年間待った優勝のチャンスを失わせた。一方のカーショーはリリーフとして4イニングを投げた。どうして彼をダルビッシュに代わって先発させなかったかという疑問となった。でも理由はこうだ。ダルビッシュは4度オールスターに選ばれている。だが、ダルビッシュはすべきことをやらなかった。これは、デイブ・ロバーツ(監督)やフロントオフィスが従来の常識を破ってカーショーを中2日で出すという決断に失敗したからではない。彼が最高の舞台で地力を発揮することに失敗したからであることは、単純明白なことだ」とまで書いた。

ダルビッシュが第3戦でも5つのアウトしか取れずにKOされたことも説明。地区シリーズ、優勝決定シリーズでは好投していたが、「確かに彼はドジャースがワールドシリーズに進出するのを助けた。しかしそれが記憶に残ることはない。球団の目標はワールドシリーズに進出することではなく、ワールドシリーズで勝つことだったからだ」と厳しく叩いた。

さらに7月末に決まったレンジャーズとのトレード時までさかのぼり、「レンジャースは何かを知っていたのだろう。ダルビッシュがワールドシリーズで見せたような投球をするであろうと知っていたのかもしれない。彼はレンジャーズ時代、2度ポストシーズンで投げ両方とも負けている」とまで書いた。

記事では、ダルビッシュのコメントも紹介した。

「前回の登板でスライダーと自分が一番得意としている曲がり球系がまったく駄目で、中4日の間でずっと修正をしてきて、ストライクを投げるレベルまで持って来れたんですけど、打者を圧倒できるレベルまで引き上げることができなかった。いろいろ試行錯誤してきたのはよかったですけど、最後2試合でそれができなかったのが残念です」
さらにダルビッシュは、第3戦で二塁打され、第7戦で本塁打されたスプリンガーについて、「スプリンガーみたいなバッターだとなかなか難しいという感じ。最後(左中間への2点本塁打)も3ボール2ストライクから(捕手の)バーンズはスライダーを要求したんですけど、今日のスライダーのクオリティーだと同じことになると思って真っすぐを選んだ」と説明したという。

そして、今オフ、フリーエージェントになるダルビッシュが「自分はドジャースでやり返したい」と話したという内容で記事を締めた。

またデイリー・ニュース紙は「ダルビッシュ有のワールドシリーズ第7戦での先発登板は、ドジャースにとって大失敗に終わった」という記事を掲載した。

同記事は「ダルビッシュは、罪の償いのチャンスを無駄にした」と第3戦の汚名返上ができなかったダルビッシュを批判。そして「彼にとって、これがドジャースとして最後の試合となり得る。3か月間のロサンゼルスの所属はほろ苦い終わりとなってしまった」と続けた。

同記事では、ダルビッシュがレギュラーシーズンでの最後の3登板から調子を上げ、ナ・リーグ地区シリーズや優勝決定シリーズでの活躍にも触れた。だが、「アストロズ相手の2度の先発登板でダルビッシュはすっかり変わってしまった。彼にとって初めてのワールドシリーズでの2度の先発登板で残した防御率は21.60だった」とし、「彼はこの冬フリーエージェントになる」という言葉で締めた。

ロバーツ監督は、「ダルビッシュは球速もあったし、いい投球をすると思っていた。(今日の結果は)予期していなかった」とかばい、ダルビッシュを第7戦で先発させたことを問われ、「(試合が終われば)ああすれば良かったなどと言われるが、私達は有を(第7戦で)先発させることに自信を感じていた。彼は(レンジャーズから)獲得以来、ずっと我々のトップ3の先発だった」と説明した。

ダルビッシュは、試合後に自らドジャース残留を希望したが、ドジャースがどのような判断を下すのか。ダルビッシュにとって厳しいオフになりそうだ。

米地元報道は炎上ダルビッシュを酷評「抜擢大失敗」「これがド軍最後登板」(THE PAGE) - Yahoo!ニュース
勝つか負けるか―。ドジャース、アストロズどちらのチームにとっても、後のなくなった - Yahoo!ニュース(THE PAGE)

SNSでの煽り発言見てても幼稚っていうかメンタル面が弱いんだろうね

コメント