【ダーツ】世界大会の準々決勝で珍騒動 抗議者「対戦相手のオナラが臭すぎて負けた」→ 大会統括者「無音のオナラほど悪いものはない」

ダーツ世界大会で珍騒動 敗因は相手の放屁?当該選手は否定「1010%間違ってる」

ダーツ発祥の地とされる英国・ウルバーハンプトンで行われたダーツのグランドスラム大会で、珍騒動が巻き起こった。

英・BBCなどによると、準々決勝進出を懸けた試合は、2度の世界王者となり、“フライングスコットマン”の異名を持つ47歳のゲイリー・アンダーソン(スコットランド)と、34歳のウェズリー・ハルムズ(オランダ)の戦いとなり、10-2でアンダーソンが勝利を収めたが、敗れたハルムズが「(アンダーソンの)傍から腐った卵の臭いがした。集中できなかった」と抗議。放屁の疑いを掛けられたアンダーソンは英国メディアに「私じゃない。彼は1010パーセント間違っている」と、完全否定した。

それでもハルムズは「(放屁のあと)彼の調子が出てきた。ガスを抜く必要があったんだろう。この臭いを鼻から逃がすにはあと2日掛かる」と、主張。一大騒動となっている。大会を統括するバリー・ハーンチェアマンは「こんなのは初めて聞いた。無音の放屁ほど悪いものはない」と、話した。

表示できません - Yahoo!ニュース

 

チェアマンwww(*´艸`)

コメント