sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

男性の理想体型は時代とともに変化していた。1870年代から現代までの理想体型を比較してみると?

   

 男性の理想的な体型と聞いて、たくましい上腕二頭筋と6つに割れた腹筋をイメージする人は多いだろう。現代ではマッチョ、好みによっては細マッチョが推奨されているわけなんだけども、かつてはそうじゃなかったようだ。

アメリカ・ピッツバーグを拠点に活動しているグラフィックデザイナー兼研究者で、ありのままの姿のドール「ラミリー」を開発したニコライ・ラムは、3Dコンピュータモデリングにより、過去150年間の「理想とする男性の体型」がどのように変化してきたのかを調査した。

文化的な側面や食べ物の影響などさまざまなポイントを考慮しつつ、その移り変わりをまとめたのだ。

もちろんアメリカと日本の違いはあるだろうけれど、とりあえずアメリカでは理想の体型はこのように変化していったようだ。

それでは順に見ていこう。

1870年代には「ファット・マンズ・クラブ」が存在した

1870年代は“幅の広いウエスト”が富と繁栄のシンボルとされていた。体重90kg以上の人のための結社「ファット・マンズ・クラブ」も存在したほどだ。今ほど食料が豊富でなかった時代、太っていることは上流階級の証しだった。

1930年代には「がっちり体型」がブームに

しかし、体型についての一般認識が変わり始めて、「ファット・マンズ・クラブ」は20世紀初めに閉鎖されることとなる。

世はハリウッドの黎明期、カメラのレンズを通すと太って見えることから、ハリウッド俳優はほどよく痩せていることが求められた。

そのため1930年代に入ると、ハリウッドで一番の伊達男と呼ばれたクラーク・ゲーブルに代表されるような「がっちり体型」が人気を集めた。

1960年代には「スキニーな男性」が求められた

ハリウッド俳優は痩せている方がいいという傾向はその後も続き、1960年代に最も顕著となって「スキニーな男性」が求められるようになった。

また、若者を中心に、美しい肉体よりも個性にスポットが当たるようになった。ジョン・レノンやミック・ジャガーのように、印象的なファッションとヘアスタイルが重要視された時代でもある。

1980年代に「筋肉ムキムキマッチョ」が出現

時代はまた流れていって、1980年代にはジムやフィットネスクラブの注目度が急上昇。アーノルド・シュワルツェネッガーやシルベスター・スタローンなどの筋肉ムキムキマッチョ俳優が登場して、ボディービルディングへの興味が一気に加速した。

1990年代からのトレンドは「いい感じのマッチョ」

そして1990年代から現代にかけては、ブラッド・ピットのような「いい感じのマッチョ」がトレンドとなっているようだ。

筋肉質の体をしているがボディービルダーのようにムキムキマッチョではなく、でもしっかりトレーニングを積んでいる。そんな体型が現代人の感覚にフィットするんだそうだ。

まあこれも今後、時代の流れとともに移り変わっていくんだろうな。

そう考えると「理想」や「憧れ」はあってもいいけども自分の体型をコンプレックスに感じたりする必要ってないのかもな。

だって100年後にはその体型がみんなの「理想」や「憧れ」になったりするかもしれないんだし・・・

しかも地域差とかかなりあるしな。

今だって肥満が富と健康の象徴とされる国とかあるわけだし、人にどう思われるかよりも、自分がどうなりたいかが一番大事なわけだよ。

でもさ、最先端のおしゃれな洋服を着こなしたいと思ったら男性はある程度筋肉つけて、女性は標準より痩せるしかないわけで、特に日本のアパレルとかサイズの選択しが超限られてるわけで、流行を追うのって自制心必要なんだわなー。

http://karapaia.com/archives/52244167.html

1870年代スタイルの体形ですがなにか?(#・∀・)

関連コンテンツ ユニット



 - ニュース, ネット, 健康