気象庁「今年の冬はやべーぞ。大寒波も覚悟しろ」

スポンサーリンク

気象庁が発表“この冬「厳しい寒さ」に” 日本海側で大雪予想も

スポンサーリンク

気象庁は、来月からの3か月とこの冬の天候の見通しを発表しました。ラニーニャ現象が発生しているため、冬は厳しい寒さとなる見込みで、早めの備えが必要です。

気象庁によりますと、来月の降水量は東日本と西日本の太平洋側、それに沖縄・奄美地方で湿った空気などの影響を受けやすく「平年並み」か「多い」予想となっています。例年、秋雨前線や台風の影響で災害につながる大雨がおきやすいことから、気象庁は注意を呼びかけています。

スポンサーリンク

一方、この冬は、電力需給が厳しくなることが予想されていますが、現在、ラニーニャ現象が発生しているため寒気の影響を受けやすく厳しい寒さになる可能性があるということです。

冬の気温は東日本と西日本で「平年並み」か「低い」と予想されているほか、降雪量も、東日本と西日本の日本海側で「平年並み」か「多い」見通しです。日本海側を中心に大雪となる可能性もあり、気象庁は厳しい寒さや雪への備えを早めにしてほしいと呼びかけています。

気象庁、この冬の天候の見通しを発表 厳しい寒さとなる見込み - ライブドアニュース
気象庁は、来月からの3か月とこの冬の天候の見通しを発表しました。ラニーニャ現象が発生しているため、冬は厳しい寒さとなる見込みで、早めの備えが必要です。気象庁によりますと、来月の降水量は東日本と西日本の
スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

この時期に言う暖冬寒冬ってあたった記憶がないんだけど😂😂😂

コメント