sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

「サッカー日本代表監督になりたい!」と海外の大物監督100人以上から売り込みがあったことが判明

   

「サッカー日本代表監督になりたい!」と海外の大物監督100人以上から売り込みがあったことが判明

 日本サッカー協会が、ワールドカップ(W杯)ロシア大会日本代表の西野朗監督(63)に年俸2億円(推定)の2年契約でオファーを用意していることが4日、分かった。次期監督を巡っては、大会前から海外の大物監督ら100人以上の売り込みがあったが、日本人路線を継続する。今日5日に帰国する西野監督はいったん任期満了となるが、早ければ今月中に再契約の運びとなる。交渉がまとまれば、最短で26日の理事会で承認され「西野ジャパン2」がスタートする。

日本協会は、100人以上の大物外国人監督らの売り込みに見向きもせず、西野監督に条件提示する。就任3カ月で、低迷していたチームをまとめ、選手を一致団結させた手腕を高く評価した。20年夏までの2年契約で、年俸は2億円。2年間の成績も影響するが、2年後さらに2年の契約延長オプションが付く。すでに技術委員による検証作業は水面下で進めている。

日本協会関係者は「欧州チャンピオンズリーグやW杯で上位に入った実績のある監督サイドからの売り込みが相当ある。100人は超える。毎回、W杯のたびに起こる現象ではあるけれど、今回は特にすごい。名前を見ただけでほれぼれする」と話す。100人の中には、元ドイツ代表監督クリンスマン氏、元イタリア代表監督のドナドニ氏の名前も入っているという。

サッカー界の監督人事は、W杯直後が最も活発だ。就職浪人中の監督にとっては逃せない4年に1度の大チャンス。特に日本は、欧州からは距離的な不利はあるが、安定した金払いと治安が良く、選手のポテンシャルが高いことから、人気は高い。

しかし、日本協会は今回、日本人監督の継続を基本線に人事を進めている。(1)過去の歴代外国人監督が残した遺産が乏しく、いまだ各年代共通のジャパンスタイルが確立されていないこと(2)特にハリルホジッチ監督のように、選手、協会との対話不足でチーム状況が悪化すること(3)さらに指揮官が代わるたびに、目指すサッカーの方向性が異なり、継続性がないことなどが理由に挙げられる。

西野監督は帰国後、いったんは契約満了による休養に入るとみられる。まだ一部ではあるが、東京五輪監督の森保氏のA代表兼務を主張する技術委員もいることから、事前協議も含め20日の技術委員会で意見をまとめる予定だ。まとまった意見は、田嶋会長に報告され、早ければ26日の理事会で承認される見込みだ。

5月の技術委員会では「次のW杯まで4年あるわけで、急ぎすぎるのは良くない。7月は技術委員会と理事会の間隔が詰まっていることから、方向性だけはしっかり決めて9月の理事会で承認してもらうことも視野に入れて進めよう」とも話している。

2期目の西野体制誕生で、日本スタイルの確立へ。ロシアで見せた結束力をさらに高め、夢の続きを見ることになる。

◆西野朗(にしの・あきら)1955年(昭30)4月7日、埼玉県浦和市(現さいたま市)生まれ。早大時代から日本代表に選ばれ、日立製作所(現柏)でプレー。国際Aマッチ通算12試合1得点。90年に現役引退し指導者となる。96年アトランタ五輪では日本を率い、ブラジルを破る金星を挙げた。G大阪で05年のJ1優勝、08年のACL優勝など数々のタイトルを獲得し、柏、名古屋などの監督としてJ1最多270勝。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180705-00258470-nksports-socc

 

代表監督は高給で実働の少ないおいしいお仕事らしいからな(;^ω^)

関連コンテンツ ユニット



 - スポーツ, ニュース, ネット