【悲報】ハリル解任劇の余波 欧州監督に“日本敬遠”の機運高まる恐れ 「 日本サッカーに大きなマイナス」

【悲報】ハリル解任劇の余波 欧州監督に“日本敬遠”の機運高まる恐れ 「 日本サッカーに大きなマイナス」

ハリル解任劇の余波 欧州監督に“日本敬遠”の機運高まる恐れ

ロシアW杯の開幕2カ月半前に代表監督が電撃解任され、代表監督を査定する専門部会のトップが後任に就いたと思ったら、クビになった監督が飛んできて会見で不平不満をブチまける……。たまにアフリカ諸国や中東地域で勃発する不測のドタバタ劇が、ついに日本でも起きてしまった。

4年前、アルジェリアを率いてブラジルW杯のグループリーグを突破したハリルホジッチは「本大会で勝つことを知っている」という触れ込みだった。しかし、その本番前の4月9日に職を追われ、後釜は日本サッカー協会(JFA)技術委員会の西野委員長。城主(JFA田嶋会長)に「バックアップする」と繰り返し言われ、安心し切っていた総大将(ハリル)にしてみたら、城主の覚えめでたい部下を総大将に据えるために寝首をかかれたようなもの。来日して恨み節のひとつも言いたくなるのは当然だろう。

ハリル解任・西野新監督で日本代表はロシアで勝てるのか? それとも大惨敗を喫するのか?

勝負は時の運。フタを開けてみないと分からないが、少なくとも現時点で確定していることがある。世界中に「招集されなくなった主力選手が造反。JFA田嶋会長に直訴。監督の言い分も聞かないで選手に肩入れ。W杯未経験の指導者が後任に就いた。日本はフシギな国」であることが知れ渡ってしまった。元ブンデスリーガ1部(ビーレフェルト)ヘッドコーチの鈴木良平氏が言う。

「代表監督の去就は、あくまで試合結果によって決められるもの。なのに今回、田嶋会長は『選手とのコミュニケーション不足。選手からの信頼度が低下した』ことを理由に挙げました。これは欧州のスタンダードに照らすと摩訶不思議のひと言です。選手選考は監督の専権事項。なのに“選ばれる立場”であるはずの選手から信頼されなくなったとか、そういうことを理由にクビにしていたら、欧州中から『日本サッカーは大丈夫か?』と訝られてしまう。日本サッカーに大きなマイナスになったといえます」

欧州の指導者たちの間で「日本で監督はやれないという機運が高まる可能性があります」とは前出の鈴木氏。何ともトホホな事態なのである。

表示できません - Yahoo!ニュース

 

電通やスポンサーの言いなりになる人(なれる人)なら成り手はいるだろうけど、真の一流はもう難しいやろね(;・∀・)

コメント