【動画あり】『ジョブチューン』大炎上にDaiGoが擁護「小林シェフはめっちゃいい人」「間違いなく台本」

スポンサーリンク

スポンサーリンク

“シェフ試食拒否”で物議の『ジョブチューン』にDaiGoが持論「間違いなく台本」「悪役にされた」

元日に放送された人気バラエティ番組『ジョブチューン』(TBS系)をめぐって「メンタリストDaiGo」(登録者数230万人)が5日、自身のYouTubeチャンネルにて生配信を実施。放送内容をめぐって苦言を呈しています。

スポンサーリンク

人気番組の放送内容が話題に
今月1日に放送された『ジョブチューン 元日SP』では、プロの料理人が大手コンビニチェーンの商品を試食して「合格」「不合格」をジャッジするという特別企画が実施。
この番組の中で、イタリアンシェフの「小林幸司」(登録者数3.7万人)が「もう僕いいです」「食べたいなって気にさせない」としてファミリーマートのおにぎりの試食を拒否、商品開発を担当する女性社員が涙する姿が放送されていました。

スポンサーリンク

この展開をめぐって、番組を見た視聴者からはSNS上で「失礼すぎ」「手に取らないと始まらない」と、小林シェフや番組を批判する意見が相次ぐことに。
番組の公式ツイッターアカウントからも「誹謗・中傷、迷惑行為はお止め頂きたくお願い申し上げます」といった呼びかけがなされる事態となっていました。

スポンサーリンク

DaiGoは“ヤラセ”指摘
こうした中でメンタリストDaiGoは5日、自身のYouTubeチャンネルで実施した生配信の中で、「テレビには台本があるハズです」「間違いなく台本」として試食拒否は“ヤラセ”であると主張。
その後の商品開発担当者の涙する姿も「あれだって(台本で)泣いてくれって言われてる可能性あります」としたほか、そもそもその女性が「ファミマの店員さん、社員さんですらない」可能性も示唆しました。

スポンサーリンク

続けてDaiGoは、試食を拒否した小林シェフが出演者のなかで「一番強面(こわもて)」であったことから「“悪役”としてアサインされてるんですよ、最初から」「彼は悪役にされちゃったんじゃないかな」ともコメント。
小林シェフとはプライベートでも交流があり、物腰も柔らかく「めっちゃいい人」「こういうこと言うハズがない」との印象を受けたと口にすると、同氏を“悪役”に仕立て上げる番組の演出に「恐ろしいですよね…」と視聴者に語りかけました。

スポンサーリンク

批判する視聴者にも冷ややかな視線
さらにこうした周辺事情はテレビでは常識であるとして、DaiGoは「テレビのことを信じる頭の悪い人がいるのか、テレビの炎上をダシにして他人を叩きたいだけのサディストがいっぱいいるのか…」と、放送内容をめぐって批判的な意見を投稿する視聴者すらも批判。
逆に、“試食拒否”を通じて商品をバズらせる演出については「炎上商法じゃないけど…」「広告代理店のずる賢い人が考えた戦略」「怖いですよね」と感心する様子すら見せました。

スポンサーリンク

なお、その後3時間にわたって生配信を実施したDaiGoですが、TBSや『ジョブチューン』への批判が繰り広げられた前半の35分については切り抜き動画の作成を禁止し、拡散を未然に防ごうとする動きも見せています。

“シェフ試食拒否”で物議の『ジョブチューン』にDaiGoが持論「間違いなく台本」「悪役にされた」 - YouTubeニュース | ユーチュラ
元日に放送された人気バラエティ番組『ジョブチューン』(TBS系)をめぐって「メンタリストDaiGo」(登録者数230万人)が5日、自身のYouTubeチャンネルにて生配信を実施。放送内容をめぐって苦言を呈しています。 人
スポンサーリンク

スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

プライベートでも交流があるのなら本人に聞けばいいのでは?😅😅😅

コメント