sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

全国高校「大学合格力」ランキング・ベスト50 国公立と超難関校に強い高校は?【2018年入試版】

   

1人が1校しか合格できない国公立大学上位校に、多くの合格実績を出している高校はどこか。「国公立100大学合格力」を基に全国の中高一貫校・高校をランキングし、ベスト2729校を選出した『ダイヤモンド・セレクト2017年8月号 中高一貫校・高校大学合格力ランキング 2018年入試版』から、ここでは全国ランキング上位10校のデータを見ながらトップ進学校の実勢を探ってみた。

高校球児が誰でも甲子園出場を夢見るように、世の秀才たちはこぞって東京大学・京都大学を目指す。さらに近年は医学部進学熱が高まる一方で、東大・京大にはこだわらず医学部を第1志望にする高校生も増えている。

しかし、東大、京大、医学部の入学者をすべて合わせても1万5000人程度。四年制大学進学者全体の3%にも達しない。そこで、もう少し広い視野で、現在の進学校の現状を見てみたいというのが、本誌の目論みであり、試みたのが「国公立100大学合格力」という独自の指標の設定だ。

その指標に基づいて、昨年に引き続き、日本全国の中高一貫校と高校をランキングした。詳しい算定方法は、後述の「ランキングの見方」を参照いただきたいが、ごく簡単に説明すれば、大学通信のデータを基に、1校ごとの国公立大学上位100校の合格者数に、合格した各大学の偏差値を掛け、それを卒業生数で割った数値を「国公立100大学合格力」とした。つまり、卒業生1人当たりの上位国公立大学合格力である。国公立大学は1人1校しか合格できないので、高校の学力が比較的、正しく表れるという考えに基づいている。

私立大学の合格者数を考慮しなかったのは、私立の場合、優秀な生徒は複数の大学・学部に合格してしまうため、見かけ上の合格者数が大きくなってしまうからだ。また、1人当たりの合格力としたのは、生徒数の多寡(学校の規模)に左右されないようにするためである。合格力とは別に、参考値として有名私立上位大学合格者数も掲示した。

トップは2年連続で灘
上位5校は顔ぶれ同じ

本記事には全国順位の上位50校を掲載した。参考値として、超難関大学(旧7帝大と東京工業、一橋の計9大学)の合格力ランキング、東大・京大の合格者数、早稲田大および慶應義塾大の合格者数の合計、「医学部合格力」全国順位も掲載した。

昨年と同様、今年も「国公立100大学」のうちいずれか1つ以上に合格者を出した高校をランキング対象とした。ランキングの対象となったのは、2729校。全国の高校の数は約5000なので、その半数強がランキング入りしたことになる。全国的には無名の地方の進学校もほぼ網羅できているはずだ。本誌の『ダイヤモンド・セレクト2017年8月号 中高一貫校・高校大学合格力ランキング 2018年入試版』には都道府県ごとの大学合格力ランキングが掲載されているので、併せてご覧いただきたい。

さて、ランキング1位は2年連続で灘(兵庫県)となった。以下の顔ぶれは昨年と同じ。いずれも中高一貫の男子校である。灘と筑波大学附属駒場(東京都)は西と東の横綱だが、灘は、本誌に掲載の「医学部合格ランキング」でも2位(昨年は1位)。一方、筑駒は合格力ランキングで前回の2位から4位に順位を下げたとはいえ、超難関大学に絞れば逆に2位から1位にアップしている。両校とも押しも押されぬ横綱相撲ぶりである。

ちなみに、5位の東京藝術大学音楽学部附属音楽(東京)は、一般的な進学校としては馴染みが薄いが、実は昨年も5位。基本的に1学年約40人の生徒が全員、東京藝術大学を受け、9割ほどが合格する。留年しての再受験者もいる。一般の進学校の中に入ると異質な存在に感じられるが、東京藝大への合格は、努力だけでなく才能にも大きく左右されるという点で、東大・京大よりもハードルが高いともいえる。価値ある5位だろう。

大学合格実績で中高一貫校が強みを持つのは周知の通りだが、東西の有力中高一貫校を比べると、東高西低の傾向がはっきりする。

これは首都圏では、無理をして国立大に行かなくても、私立の早慶あるいはMARCH(明治・青山学院・立教・中央・法政)で十分と考える高校生が多いからだ。首都圏は私立大の層の厚さに比べて、国公立は薄い。どうしても国公立を目指すなら、地方の大学も視野に入れることになるが、少子化の昨今は、親が子どもを手元に置きたがるという事情もある。

こうしたことから、東京の男子私立御三家筆頭で東大合格者数では全国トップの開成でも合格力ランキングでは25位、神奈川県の男子私立校トップの聖光学院は28位、東大合格者78人と躍進中の渋谷教育学園幕張(千葉県)は62位に甘んじている。対して、私立大の層が薄い関西圏は、中高一貫校でも国公立志向が根強い。

札幌南、愛知・旭丘など
公立高校も大健闘

6位以下で、公立高校の躍進が目につく。6位の札幌南(北海道)は北海道大に112人のほか、東大・京大にも33人の合格者を輩出、昨年の10位から順位を上げた。

7位の旭丘は愛知県尾張学区のトップ校で、東大・京大の合格者数は77人。愛知の学校としては珍しく地元を離れる生徒が多く、名古屋大の合格者数では明和や岡崎など地元公立勢の後塵を拝して7位となっている。

この他、8位姫路西(兵庫)、12位四日市(三重県)、13位長田(兵庫)、20位膳所(滋賀県)の公立各校が昨年からジャンプアップして上位に食い込んだ。三重では四日市と津が公立校の双璧だが、近年では四日市が合格実績でリードしている。長田と膳所は京大、大阪大への合格者を増やすなど地力をつけている。とくに膳所は、京大合格者数で洛南(京都)に次いで2位、阪大合格者数でも4位と大健闘。

学区制撤廃で東大への合格者数を増やして注目されている東京の公立上位校は、このランキングでは旗色が悪い。東京の進学指導重点校では八王子東が136位にやっと顔を出し、次が国立の140位、公立では東大合格者数トップの日比谷は意外にも186位。ここでも、首都圏の国公立大の層の薄さが影響している。

首都圏の公立校では、県立浦和(埼玉県)が35位。前年より順位は落としたが、東大・京大48人に加えて、東北大にも32人の合格者を出している。東北新幹線で大宮から仙台までは1時間強。心理的距離の近さもあって、東北大にも強いのが同校の特徴だ。

大阪の公立校は、2強の北野が16位、天王寺が40位。前年より順位を下げたが、東京の公立校に比べれば健闘している。

お隣の京都の公立は、府立より市立が目立っている。公立高校改革のモデルケースとして全国に知られる19位の堀川は、専門学科として探究学科群を設置してから進学実績を伸ばした。学区制が残る京都だが、専門学科は府内全域から生徒を集められる。スーパーサイエンスハイスクール、スーパーグローバルハイスクールに指定されるなど、先進的な教育を行っており、中学受験で洛南、洛星に受からなかった成績上位者が、高校で堀川に入ってリベンジを期すという流れが定着している。その堀川と同じように、専門学科のエンタープライジング科を創設して以降、府内全域から学力の高い生徒が集まるようになったのが市立中高一貫校の西京(53位)。京大の34人を筆頭に、神戸大に26人、大阪大に21人と関西の難関国立大にまんべんなく合格者を出している。

その他、上位にランクインしている公立校を見てみると、札幌市内からは札幌南(6位)の他、札幌北(27位)、札幌西(41位)の3校がトップ50に入った。この3校は北海道大合格者のトップ3でもある。

富山県の公立御三家である富山(23位)、富山中部(33位)、高岡(36位)は揃って昨年より順位を上げた。特に高岡は国公立大合格者を190人から214人に増やし、前年の132位から急伸した。

福岡県御三家の筑紫丘(34位)、修猷館(42位)、福岡(50位)も昨年より合格実績を伸ばして、トップ50に揃い踏み。3校とも九大合格実績では不動の地位を築く。

女子校は私立志向が強く
国公立合格力は伸びず

女子校は私立大志向が強いため、このランキングでは今年も上位に食い込めなかった。200位以内に入ったのは、65位の桜蔭(東京)と77位のノートルダム清心(広島県)の2校のみで、昨年から3校減った。女子校では一段と私立人気が高まっている様子が見て取れる。

最後に、「超難関大学合格力」のベスト10を眺めてみる。以下のようになる。

1位・筑波大学附属駒場(東京)
2位・灘(兵庫)
3位・甲陽学院(兵庫)
4位・札幌南(北海道)
5位・東大寺学園(奈良)

6位・開成(東京)
7位・聖光学院(神奈川)
8位・旭丘(愛知)
9位・栄光学園(神奈川)
10位・久留米大学附設(福岡)

さすがに、お馴染みの有名進学校が目白押しである。

http://diamond.jp/articles/-/136909

大学通信のデータを基に、1校ごとの国公立大学上位100校の合格者数に、合格した各大学の偏差値を掛け、それを卒業生数で割った数値を「国公立100大学合格力」としたもの

関連コンテンツ ユニット



 - ニュース, ネット