世界で最も美しいと言われるアマルフィ海岸、町が「撮影税」を導入してしまう

伊アマルフィ海岸、町が「撮影税」を導入

世界で最も美しい海岸線の一つとして知られ、国連教育・科学・文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産にも登録されているアマルフィ海岸を抱えるイタリア南部の町ポジターノは、11月中旬から商業用の写真やビデオの撮影に課税し始めた。

 課税対象となるのは、ファッション誌用など広告を主な目的とした写真や映像の撮影。撮影の数日前までに町に届け出をした上で、税金として、写真撮影は1000ユーロ(約13万4000円)、ビデオ撮影は2000ユーロ(約26万8000円)をそれぞれ町に払う必要がある。申請なしで撮影をした場合など違反があれば、税金に加え、75~500ユーロ(約1万~約6万7000円)の罰金が科される。旅行用のガイドブックや報道、個人旅行などでの撮影は対象外。10月の町議会で決定し、11月中旬、施行した。

http://www.yomiuri.co.jp/world/20171229-OYT1T50006.html

結構な高額。でも旅行用のガイドブックや報道、個人旅行などでの撮影は対象外ですって ε-(´∀`*)ホッ

コメント