sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

【動画】1998年製と2015年製のトヨタカローラを衝突させる → その実験結果がこちら

   

低燃費化や自動運転機能の搭載など、時代と共に進化していく自動車。数々の新技術が開発されているが、事故でも起きない限り性能を確かめ難いのが、衝突時の安全性能である。ではもし、数年以上前の車と最近の車を衝突させた場合、一体どうなるのだろうか……。

・1998年製と2015年製のカローラが時速64kmで衝突

動画を公開したのは、オーストラリアとニュージーランドの機関「ANCAP」である。内容は前述の通り、1998年製と2015年製のカローラを時速64kmで衝突させるというもの。17年間の差があるが、どんな結果が待っているのだろうか?

実験が始まるのは、1分35秒あたりからだ。2台のカローラが走り出して「ガッシャーン!」と互いの運転席前方が衝突!! クラッシュ後の車の様子を見てみると……

・2015年製のカローラ

2015年製のカローラはフロント部分が大破しているものの、運転席のスペースは維持されており、運転席側ドアは少し歪(ゆが)んでいる程度。さらに前方とサイドのエアバッグも展開され、運転手がしっかり守られている様子が見て取れる。

・1998年製のカローラ

続いて1998年製だが、ボンネットが大きく曲がりフロントガラスも大破。さらにはホイールも運転席の足元までめり込み、安全が全く保たれていない。しかもエアバッグが装備されていないので、運転手は衝撃をもろに食らうかたちだ。

ということで、2015年製のカローラが文句なしで圧勝! 17年間で安全性能は明らかに向上していることがわかった。古い年式でも魅力的な車はたくさんあるが、安全性のことを第一に考えると、やはり新型車を選ぶのが身のためのようだ。

ソース/ロケットニュース24
http://rocketnews24.com/2017/05/25/903508/

動画
https://www.youtube.com/watch?v=zxDHuthGIS4

とはいえ今の日本人はカローラすら買えないくらい貧乏になって軽自動車ばかりになったから、日本人の危険度はむしろ上がっているという悲しい現実(;´Д`)

関連コンテンツ ユニット



 - ニュース, ネット