【閲覧注意】海水浴をしていた7歳の少年、『クッキーカッターシャーク』に噛まれ肉をごっそりえぐられる・・・ オーストラリア

クッキーカッターシャーク(和名:ダルマザメ)

クッキーカッターシャークはノコギリ状の歯を用いてまるでアイスクリームディッシャーのように回転しながら綺麗な半球型に肉をえぐり取る。

閲覧注意:7歳の少年Jack Tolley君が負った傷

幼い少年が珍しいサメに噛まれ痛々しい傷を負う

Courier Mailによると、オーストラリアで7歳の少年が海水浴をしていたところ、クッキーカッターシャーク(和名:ダルマザメ)に噛まれる事故があったという。

オーストラリアにおけるクッキーカッターシャークによる被害報告はわずか2例のみであり、非常に珍しいとのこと。

先週金曜日、クイーンズランド北部のAlma Bayで家族で海水浴を楽しんでいた7歳の少年Jack Tolley君がクッキーカッターシャーク(和名:ダルマザメ 学名:Isistius brasiliensisに噛まれ、直径が73mmに肉をごっそりとえぐられてしまった。

クッキーカッターシャークは自分より大きな生物に対し攻撃をし、その際生きたまま体表の一部の肉をえぐり取って食べるという得意な生態を持つことで知られる生物。ノコギリ状の歯を用いてまるでアイスクリームディッシャーのように回転しながら綺麗な半球型に肉をえぐり取る。

少年がサメに襲われた時の様子を父親のDavidTolley氏は言う。
「私たちは休暇のためビクトリアから家族でこの地に訪れていました。医学的な記録によると、このサメによるオーストラリア国内の被害者は息子が2番目のようです。」

少年の救助に治療にあたったWayne Harper氏によると、「少年の傷は見た限り脂肪組織がほとんどなくなっており、骨まで見えた」という。

404 Not Found | このページは存在しないか、すでに削除されています

怖すぎ:(;゙゚’ω゚’):

コメント