山梨市の中学校、余計な散髪サービスに同意したためにとんでもない事態に巻き込まれる

髪切られ不登校 市教委が謝罪

山梨市教育委員会は3年前、市内の中学校で女子生徒が教諭に髪を切られたことが原因で不登校になったとする第三者委員会の調査結果を発表し謝罪しました。

これは26日山梨市教育委員会が会見を開いて明らかにしました。
教育委員会が第三者委員会から報告を受けた調査結果によりますと、平成28年6月、市内の中学校に通っていた女子生徒が自宅で髪を母親に切ってもらったあと、学校で整えてもらうように言われこれを受けて教諭が髪を切りそろえたところ、女子生徒は下校中に友人から心ない言葉をかけられ、不登校になったということです。
第三者委員会は、女子生徒が学校で髪を切られたことが原因で急性ストレス障害になったとした上で、教諭は生徒に美容室に行くよう促すこともできたなどとして、対応が不適切だったと結論づけました。
山梨市教育委員会の市川今朝則教育長は「生徒や保護者に心からお詫び申し上げます」と謝罪し、再発防止に向けて取り組むとしました。
この問題をめぐっては先月、女子生徒の両親が傷害の疑いで、当時の校長など4人に対する告訴状を甲府地方検察庁に提出しています。

https://www3.nhk.or.jp/lnews/kofu/20190226/1040005715.html

 

sakamobi
sakamobi

教諭が髪を切りそろえるステップが謎に満ちている…(;・∀・)

コメント