【悲報】カップルを調査したら意外な結果に!クリスマスは終わっていた・・・

Xmasデートする未婚者は2割以下という現実

あっという間に師走も半ば過ぎ。つくづく1年が経つのが早いものだ、と感じます。しかし、年末休みやお正月というお楽しみの前に、クリスマスがやってきます。

12月に入ると、街はきらびやかなイルミネーションに彩られ、テレビCMでもクリスマスキャンペーンが流れるなど、いやが上にもクリスマス気分が盛り上げられます。ですが、家族も恋人もいないソロモンたちにとって、クリスマスはあまり歓迎すべきイベントではありません。

不幸中の幸いなのは、今年のクリスマスイブが休日であるということです。イブが平日だといろいろ面倒です。彼女・彼氏もいなければ、何の予定もないのに、イブの夕方になると、いつもより早く会社から出た、なんて経験のあるソロモンも多いと思います。少なくとも、今年は、そんな見栄を張らなくて済みそうです。

■カップルで過ごす人は少数派

昨年の12月24日には、東京・渋谷で「非モテ」を自称する人々が集まり、「クリスマス粉砕!  」などと叫びながら怒りのデモ行進をしたというニュースがありました。彼らは今年もデモをするのでしょうか?

とはいえ、もはやクリスマスをカップルで過ごす人たちの方が、むしろマイノリティーになっています。

2018年実施のソロもんラボ調査によれば、2017年クリスマスに「プレゼントを買った」というソロ男は、20代でもたった22%しかいません。既婚男女ですら25%程度です(子に対するプレゼントは除く)。

「デートやイベントなどをした」率はさらに下がり、20~30代のソロ男女ともに2割を切ります。「自分や友達の誕生日のお祝いをした」率(約27%)よりも低く、たとえソロだとしても、みんな以前ほど「クリスマスまでにパートナーが欲しい」などと焦ってもいないし、「イブだから誰かとデートをしなきゃ」という強迫観念もありません。粛々と普段どおり過ごしているわけです。

そういうと、若者の草食化とまたご指摘を受けそうですが、この連載でも何度も書いているとおり、「彼氏・彼女のいる率」は、1980年代から大体3割しかいません。そうした「恋愛強者3割の法則」によれば、7割のソロ男女に相手はいないし、いないほうが当たり前なのです。

■クリスマスデートは80年代から

そもそも、「クリスマスはカップルで過ごす」という文化、いわゆるクリスマスデート文化というのは、いつ頃から始まったのでしょうか?

 諸説ありますが、私が考えるきっかけは、松任谷由実さんの「恋人がサンタクロース」です。この曲は、1980年12月に発売されたアルバム『SURF&SNOW』に収録されていたものですが、この曲の歌詞が画期的だったのは、「クリスマスとは、恋人である男性がプレゼントを持って女性の家に来る」ことを歌っているところです。

少なくとも1970年代まで、独身男女のクリスマスといえば、みんなでボウリングなどを楽しむグループクリスマスが定番でした。そんななか、ユーミンのこの曲は、「クリスマスは、カップルが2人きりで過ごす夜なのだ」という新しい提案だったと考えます。

 とはいえ、アルバム収録曲のひとつでしたし、それほどすぐに世の中に浸透したわけではありません。翌1981年には、田中康夫氏の『なんとなく、クリスタル』(河出書房新社/新潮文庫)が出版され、本に描かれたカップルのデートの仕方が話題になり、同じ年には、空間プロデューサーの松井雅美氏が西麻布に「レッドシューズ」という店をオープンさせました。

この店は、その後のカフェバーブームの先駆けとなっています。世の中の好景気と相まって、男女のデートカルチャーがもてはやされ、商売としても注目され始めた頃でもありました。翌年1982年に、「恋人がサンタクロース」を松田聖子さんがカバーし、一気に「クリスマスはカップルで過ごすもの」という認知が広がります。

 続く1983年、12月23日号の女性誌『anan(アンアン)』で、「クリスマス特集」が組まれることになります。「今夜こそ彼の心(ハート)をつかまえる!  」と題して、恋人たちのためのクリスマスの過ごし方をストーリー仕立てで紹介していました。

その内容というのが「クリスマスイブは素敵なレストランで過ごして、そのあとシティホテルで泊まり、ルームサービスで朝食を摂りたい」というものでした。

くしくもその年は、今の、東京ガーデンテラス紀尾井町のある場所に、赤坂プリンスホテルがオープンした年でもありました。赤プリと呼ばれ、クリスマスにはカップルの聖地となります。12月25日の朝のチェックアウト時間帯は、いろんな意味で地獄絵図のような混み具合だったといいます。

 当時でも、赤プリの宿泊料は高額でした。それにもかかわらず、どう見ても20代前半と思しき若いカップルが、イブの夜に限っては、宿泊に加え、夜中にシャンパンをルームサービスで頼むという、そんな時代でした。

■『アンアン』がクリスマスデートを広めた

まとめると、クリスマスデート文化は、1980年のユーミンの歌をきっかけとして、1981~1982年に一部で流行し、1983年『アンアン』が記事を掲載した時点で全国的に波及、という流れでしょうか。クリスマスデート文化は『アンアン』が作ったという説も有力ですが、というより、1980年代の世の中の流れを『アンアン』が的確に捉え、広めたと考えるのが妥当でしょう。

 ちなみに、クリスマスソングといえば、山下達郎さんの「クリスマス・イブ」を代表曲として挙げる人も多いかと思います。この曲がシングルとして発売されたのも実は1983年です。もともとは同じ年の夏に発売されたアルバム『Melodies』に収録されていたものです。

この曲を使用したJR東海のCMが放送されるのは、ずっと後の1988年。主演は当時まだ15歳だった深津絵里さんです。その後、1989年に第2弾として、牧瀬里穂さんバージョンが公開されました。

 当時、クリスマスソングの名曲としては、もう1つワムの「ラストクリスマス」がありますが、この曲は、山下達郎の「クリスマス・イブ」の翌年1984年の発売です。マライヤ・キャリーの「All I Want For Christmas Is You」は1994年の発売で、フジテレビ系連続ドラマ「29歳のクリスマス」の主題歌に起用され、ミリオンヒットとなりました。

『「告白は男からすべし」は女の願望に過ぎない』という記事にも書きましたが、「男性が付き合う前に告白する文化」というのも、まさにこの時代に生まれています、フジテレビ系列で1987年にスタートしたとんねるずの集団お見合い番組「ねるとん紅鯨団」が提示したフォーマットだったのです。

 このように、「クリスマスとは、男が高価なプレゼントを買い、高級レストランで食事をし、高級ホテルで朝を迎えるもの」という一連の流れを確立させたのが、1980年代前半から1990年代前半にかけての時代でした。音楽・雑誌・テレビ番組、そして景気がすべて後押しして、クリスマスのデート文化を生み出したとも言えるでしょう。

■おひとりさま用ケーキも出る

ただし、だからといって全員恋愛を謳歌していたわけではありません。派手なイメージに引っ張られてしまいますが、あの時代も大多数はソロ・クリスマスでした。繰り返しますが、彼氏・彼女がいた率は3割しかいなかったのですから。

 彼女なしの男性でも、クリスマスに女性とレストランデートをした例もありましたが、クリスマスのダブルヘッダーを実施し、プレゼントだけは複数もらうという荒業をこなす女性も一部いました。しかも、プレゼントは「○○ブランドの財布」という指定です。なぜ指定するかというと、同じモノを複数の男性からもらい、1個を残してほかはすべて質屋に売るためです。彼女にとってまさに「男はただのサンタクロース」だったのです。

興味深いのは、まさにこのクリスマスデート文化時代に青春真っ盛りの大学生だった男女が、今50歳を超え、最も結婚しない生涯未婚率最高記録を打ち立てたということです。「クリスマスはカップルで過ごすもの」と洗脳されて、浮かれた人たちが、結果生涯未婚で残っているというのはなんという皮肉でしょうか。

 さて、今年のクリスマスには、コンビニでおひとりさま用クリスマスケーキなるものも発売するようです。統計にもあるとおり、ソロの8割は何の予定もなく、ソロでクリスマスを過ごすのがデフォルトであり、マジョリティーです。おひとりさま用クリスマスケーキは、正しい判断であり、全国のソロたちへのささやかな贈り物になるでしょう。

それでは、ソロの皆さまも、よいクリスマスをお迎えください!

表示できません - Yahoo!ニュース

 

ハロウィンに食われた感あるね(;^ω^)

コメント