【悲報】クリス・ロックさん、不適切ジョークは「悲言語性学習障害」のせいだった

スポンサーリンク

ウィル・スミスを激怒させたクリス・ロックは「非言語性学習障害」だった

スポンサーリンク

<空気を読めず、周囲の人から冷たい反応をされることに悩んできた、とロックは語っていた>

第94回アカデミー賞授賞式で俳優のウィル・スミスから平手打ちを食らったコメディアンのクリス・ロックが、非言語性学習障害(NVLDまたはNLD)と診断されていたことが改めて注目を集めている。

授賞式でロックは、スミスの妻で女優のジェイダ・ピンケット・スミスのヘアスタイルをジョークのネタにしたが、彼女がスキンヘッドにしていたのは脱毛症が原因だった。この発言に怒ったウィル・スミスはステージに上がってロックに平手打ちをし、見ていた人々を驚かせた。

スポンサーリンク

この平手打ち騒動をめぐる議論のせいで、スミスの主演男優賞受賞もアカデミー賞授賞式そのものもすっかりかすんでしまった格好だ。世間の強い関心はスミスとロックだけに集まっている。

コメンテーターもネットユーザーも、ロックとスミスの両方が悪かったと批判している。

スミスはその後、アカデミー賞を主催する映画芸術科学アカデミーを退会。「授賞式での私の行動は衝撃的で不快で許されざるものだった」との声明を出した。

一方で、ロックがNVLDの診断を受けていたことに新たな関心が集まっている。

NVLDへの理解を広めることを目的とする非営利団体のNVLDプロジェクトによれば、NVLDの人は「特に社会的スキルや空間概念に困難を抱えている」という。

スポンサーリンク

人の気持ちを読むのがうまくない
事件以降、グーグルでのNVLDに関する検索は急増。ソーシャルメディアでも多くの人が、ロックとNVLDに関する情報を拡散している。

女優でプロデューサーのオースティン・ハイスミス・ガーセズは3月31日にこうツイートした。「クリス・ロック自身に障がいがあったというのを初めて知った。アスペルガー症候群に似たNVLDだそうだ」

テレビで法律問題のコメンテーターとして活躍するエイミー・ダッシュも29日、ツイッターに「クリス・ロックにとっては、非言語性学習障害の診断を受けていることや、それが対人関係に与える影響について、世間に関心を持ってもらういい機会だ」と投稿した。

スポンサーリンク

「こんなことでもなければ多くの人が自分自身や知り合いがNLDだと分からないままだったかも知れず、そうした人にとってはありがたい出来事となるかも知れない。1度調べてみて」

プロデューサーのホリー・ソレンセンも28日、こうツイートした。「クリス・ロックは非言語性学習障害を抱えている」

「これは神経学的な病気で、人の気持ちを読んだり適切な応対をすることがうまくできない」

ロック自身、過去のインタビューでNVLDの診断を受けたことや障害にまつわる体験について何度か語っている。

スポンサーリンク

例えば昨年5月には芸能ニュースショー「エクストラ」に対しロックは、友人からアスペルガー症候群なのではと言われて診断を受けたと語っている。

「アスペルガー症候群と多くの共通点のある病気だということが分かった。言葉によらない気持ちの伝達では苦労してきた」とロックは述べた。

「ずっとそうだった。自分では気がつかなかったけれど、言葉を使うのはすごく得意なんだ。聞くことはできるけれど、全てのコミュニケーションのうち70%は非言語的なんだそうだ」

20年には芸能誌ハリウッド・リポーターに、1対1の関係で困難を抱えているとも語っている。

スポンサーリンク

「それは自分が有名人だからだとずっと思っていた。マイナスの反応を示されるたび、『相手の中にある俺という人間のイメージと関係のある何かに反応しているんだろう』と考えていた。今思えば、相手が反応していたのは他ならぬ自分自身に対してだった。多くが自分のせいだった」

本誌はロックの代理人にコメントを求めたが回答は得られていない。

20年4月に米国医師会のオンラインジャーナル「JAMAネットワーク・オープン」で発表された論文によれば、アメリカとカナダの青少年の25人に1人はNVLDだという。推計すると、アメリカでは18歳以下の220万〜290万人がNVLDである可能性があるというのだ。

スポンサーリンク

また論文の梗概によれば、NVLDの基準にあてはまる子供たちのうち「7〜50%(サンプルによって異なる)は精神科の診断を受けていない」という。

ERROR: The request could not be satisfied
スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

脱毛症vs学習障害
どちらも黒人🤔🤔🤔

コメント