【驚愕】超高級老人ホーム、入居金4.5億でも30人待ち!極楽生活の実態

スポンサーリンク

スポンサーリンク

入居金4.5億円でも30人待ち!超高級老人ホーム「サクラビア成城」、極楽生活の羨望実態

富裕層の絶大な支持を受ける超高級老人ホーム「サクラビア成城」では、門前の桜が咲き誇っていた。保証金100万円を払って10年後、20年後の入居を待ちわびる待機会員が30人以上いるという。特集『絶対安心!老後の住まい』(全9回)の#2では、富裕層も憧れる極楽生活をのぞいてみた。

スポンサーリンク

● 富裕層も憧れる超高級ホーム 入居金だけで4億5000万円も!

桜舞い散る成城学園前駅から続く歩道。富裕層の絶大な支持を受ける超高級老人ホーム「サクラビア成城」でも、門前の桜が咲き誇っていた。

一番安い居室でも入居金は約1億2000万円。高い居室になると4億5000万円台。高い居室ほど人気だという。食費を除いても月の利用料が25万円ほどかかる。それでも、保証金100万円を払って10年後、20年後の入居を待ちわびる待機会員が30人以上いる。

スポンサーリンク

「いつかはサクラビア」。富裕層のネットワークでの高い評判を耳にして、50代、60代のうちに資料を取り寄せ、第一線を退いたら、ここで生活すると決めている人たちだ。

入居時の条件は、70歳以上、要支援・要介護認定を受けていない、身の回りのことを自分でできることなど。要介護状態になったら介護サービスを受けられる自立者向けの有料老人ホームである。ただし、普通のホームとは一線を画す。

スポンサーリンク

レストランは予約不要で、食べたいものを食べたいときに、しかも一流のシェフが作った料理を堪能できる。さらに、ご飯の硬さやお茶の温度まで個人の嗜好に合わせ、食事制限のある入居者には栄養バランスや味付けにも気を配るなど至れり尽くせり。

高齢者ほど、その日の体調によって食べたいものが変わりやすい。だが、一般的なホームでは、食事は外部の給食会社に委託していて1週間前に料理の予約を取ることがほとんどだ。

スポンサーリンク

● サクラビア成城には 会社に通う元気な入居者も

共用施設が充実し、フィットネスやカルチャーサークルも盛んだ。「人生の最後のステージを、自宅にいたときよりも楽しんでもらう。入居金は年齢による差がないので、早く入った方がお得です。高年齢になると、館内のいろいろなサービスを使い切れません」(運営会社であるプライムステージの齋藤豊取締役)。入居者は事業に成功した富裕層が多く、ここからまだ会社に通っている入居者もいる。

スポンサーリンク

医師が24時間365日常駐していて、万一のときには居室まで駆け付けてくれるので、この上なく安心できる。高齢者だけにいつ急激な体調変化に見舞われるか分からない。

一般的な自立型ホームでは、要介護状態になったとき、それまでの一般居室から介護専用の狭い部屋に移されることがほとんどだが、ここでは一般居室で手厚い介護サービスを受けることができる。介護居室はあるが、容態が悪化したときの一時的な利用にとどまる。

スポンサーリンク

だから、要介護4や5の状態になっても一般居室で過ごす入居者がいる。がんなどを患っていなければ、病院に移ることなく、住み慣れた居室で職員に見守られながら人生の最期を迎えることができる。

個人の体調に合わせコントロールされた食事、適度な運動やサークル活動、万一のときの安心感……。

スポンサーリンク

そのおかげか、サクラビア成城の入居者は元気で長生きである。164人(平均85歳)の入居者のうち、要支援・要介護認定を受けていない自立者は112人。54人が15年以上、20人近くが開設からずっと、つまり30年以上、ここで暮らしている。

入居金4.5億円でも30人待ち!超高級老人ホーム「サクラビア成城」、極楽生活の羨望実態(ダイヤモンド・オンライン) - Yahoo!ニュース
「週刊ダイヤモンド」2022年4月30日・5月7日合併号の第1特集を基に再編集。肩書や数値など情報は雑誌掲載時のもの。  富裕層の絶大な支持を受ける超高級老人ホーム「サクラビア成城」では、門前の桜が
スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

入居金で1億超えるところ入ってた知人は入居者同士のマウントの取り合い、派閥、あと毎日小綺麗に着飾らないといけないストレスで退去したわ😅😅😅

コメント