千代田線6000系ラストラン,ファンが先頭車両に押し寄せ飛び交う怒号→緊急停止

大勢の乗客で混雑する東京メトロ・千代田線の車内で怒号が飛び交う事態となった。中には、「子どもが危ない」と叫ぶ人もいたという。一体、何があったのだろうか。

11日、千代田線の車内で撮影された映像―。

「倒れてる人がいるよ!」「静かにしろ!」「子どもが危ない!」「立って下さい!大丈夫ですか?」

すし詰め状態となった車内では怒号が飛び交っていた。

「まずい!まずいまずい!緊急ボタン押していい?」「押した方がいい!」

一体なぜ、このような事態になったのだろうか。

動画が撮影されたのは、東京メトロ・千代田線6000系の車両。1971年にデビューし、これまで353両が製造された千代田線6000系。アルミ製車体が本格導入されたこの車両はデビュー翌年、鉄道愛好者団体である「鉄道友の会」から優秀な車両に贈られる「ローレル賞」を受賞している。しかし、老朽化や新車両の導入などを理由に、11日で引退することになった。

今回の動画はその千代田線6000系、霞ケ関駅から綾瀬駅へと向かう“ラストラン”で撮影された。

「子どもが危ない!」「大丈夫?」「おねがーい!」「全員のスペースあけろ!」「痛い、痛い、痛い!」

多くの乗客の手にはスマートフォン。千代田線6000系、最後の雄姿を収めようとした鉄道ファンが、この電車の先頭車両に詰めかけたのだという。

東京メトロによると、混雑緩和のため別の車両への移動を促したということだが、多くの乗客が先頭車両を離れず、このような事態となった。

「写真どころじゃない!」「命の問題!」

駅に着くと、あふれるように出て行く乗客たち。何十人といる乗客の中には多くの子どもの姿も確認できる。東京メトロは混雑を防ぐため、複数回の特別運行や駅員の増員などで対応。ケガ人はいなかったという。

多少の遅れはあったもののラストランを終えた千代田線6000系。47年の歴史に幕を下ろした。

「子どもが危ない」混雑する千代田線の車内で怒号が飛び交う事態 - ライブドアニュース
11日、千代田線6000系のラストランに多くの鉄道ファンが集まった。先頭車両はすし詰め状態となり、怒号が飛び交う事態となった。「子どもが危ない!」「倒れてる人がいるよ!」と叫ぶ声が相次いだという

 

鉄道会社も「ラストラン」なんて公表すんなよ。鉄オタガイジが集まってトラブル起こすだけだろうが(#・∀・)

コメント