sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

女性上司のパワハラ・ビンタに男ブチ切れ、パン切り包丁で過剰防衛…巨大地下街を修羅場に変えた「神戸屋」の惨劇

   

女性上司のパワハラ・ビンタに男ブチ切れ、パン切り包丁で過剰防衛…巨大地下街を修羅場に変えた「神戸屋」の惨劇

女性のビンタに男ブチ切れ、パン切り包丁で〝血の報復〟 巨大地下街を修羅場に変えた「神戸屋」の惨劇

大阪屈指の規模を誇る梅田の地下街にある有名パン販売チェーン店「神戸屋」で8月上旬、パート従業員の女性(28)が、同じパート従業員で後輩だった男(22)にパン切り包丁で切りつけられる事件が発生した。女性の悲鳴を聞いて駆けつけた通行人に制止され、大阪府警曽根崎署に現行犯逮捕された男は「女性に殴られ、頭が真っ白になった」と供述した。巨大地下街の一角を流血の修羅場に変えた事件。職場の先輩、後輩の間に何が起きたのか。

シャッターの向こう側で

事件が起きたのは8月4日正午過ぎ。現場となった阪神百貨店梅田本店近くのパン販売店「神戸屋阪神梅田駅店」は、購入客らでにぎわうお昼時にもかかわらず、店のシャッターが閉まっていた。

商談に向かうため、店の前の地下街を歩いていた京都市伏見区に住む会社員の男性Aさん(55)は、いつも営業しているはずの店が閉まっていたため、「変だな」と感じた。そのとき、誰もいないと思っていたシャッターの向こう側から女性の悲鳴が聞こえた。耳を澄ませると、悲鳴は立て続けに聞こえたという。

「女性が監禁されているのかもしれない」

そう思い、シャッター横にある通用口の扉を開けると、店の奥で男が女性に馬乗りになっていた。刃物は確認できなかったが、女性の左肩には血痕も見えた。「ただ事ではない」。周囲の人に女性の救出を手助けしてもらおうと、店のシャッターを拳で5回ほどたたいて「誰か来てください!」と叫んだ。

出勤途中だった大阪府吹田市の映像制作業の男性Bさん(50)も女性の悲鳴のような声を聞いた。「最初はネコの鳴き声かと思った」が、Aさんが扉を開けて「やめろ!」と叫んでいるのを見て、何事かと店内をのぞきこんだ。

人がすれ違えないほど狭い店内は、床一面が血だらけだった。そこにうずくまっておびえる女性と、青ざめた表情で立ちつくす男。Bさんは男を女性から離し、扉の近くまで引っ張っていくと、Aさんが男を床に押さえつけ、警察官の到着を待った。

その間、男は全く抵抗せず、自責の念にかられたためか、自分の額を何度も何度も床に打ち付けていた。

別の通行人の女性の110番で、現場に駆けつけた曽根崎署員は、殺人未遂容疑で男を現行犯逮捕した。

先輩の注意が口論に発展

現場はJRや地下鉄、私鉄の各駅に近く、人通りが多い梅田の巨大地下街。大勢の警察官や救急隊員が突然駆けつけたため、周辺は一時騒然となった。

曽根崎署の調べに対し、男は「女性に何度も殴られて頭が真っ白になり、カッとなった。歯止めがきかなくなった」と供述。当初、女性に対する殺意も認めていたとされる。

女性は刃渡り約25センチのパン切り包丁で後頭部を切りつけられたものの、幸い全治10日の軽傷で済んだ。同署の事情聴取に女性は「男の接客対応を注意するため、店に行った。男の頬を複数回平手打ちした」と話した。

同署によると、女性はこの日、現場から東に約300メートル離れた系列の神戸屋東梅田駅店で正午まで働いていた。一方、男は正午から阪神梅田駅店で一人勤務だった。

女性は勤務が終わった後に阪神梅田駅店を訪れ、その場で男と口論に発展。当初、男と勤務を交代して帰り支度をしていた別の同僚も現場にいたが、「店員同士のけんかを客に見られてはまずい」と店のシャッターを閉めて立ち去った。女性の平手打ちにキレた男がパン切り包丁に手を伸ばしたとき、店内はいわば〝密室〟の状態だった。

捜査関係者は「通行人の男性らが制止していなかったら、もっと大ごとになっていたかもしれない。冷静に止められて、男もわれに返ったのでは」と話した。

真面目だった男がなぜ…

神戸屋本社(大阪市東淀川区)によると、男はパート従業員として、今年2月ごろから働き始めた。一方、女性は勤務歴約4年のベテラン従業員。いずれも働きぶりに問題はなく、現在のところ、2人の間にトラブルがあったかどうかは把握していない。

神戸屋のパン販売店は阪神梅田駅店▽東梅田駅店▽西梅田駅店-と梅田に3店舗ある。一つの勤務シフトを組んでいるため、男と女性が同じ店舗で働いたこともあったとみられる。同社は事件当日に調査委員会を設置し、「こういう事件がなぜ起こったのか、会社として防止する手立てがなかったかを調査中」としている。

男を止めに入ったAさんは「(男を確保したとき)逃げる素振りもなく、真面目そうな印象を受けた。最初から殺意があったわけではないのでは」と振り返る。捜査関係者も「女性は、男の勤務態度に何か気に障ることがあったのだろう。男は真面目に働いていたつもりだったが、女性に注意された上に頬をたたかれ、過剰に防衛してしまったのかもしれない」と推測する。

http://www.sankei.com/west/news/170828/wst1708280004-n1.html

刃物でやり返すのは問題外だけど職場で部下にビンタもひどいな…被害者にも落ち度がある(;・∀・)

関連コンテンツ ユニット



 - ニュース, ネット