sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

貧乏な中国の農村部の子供、ジャンクフード普及でデブ化が深刻

   

貧乏な中国の農村部の子供、ジャンクフード普及でデブ化が深刻

中国農村部の子どもに肥満増加、食事の欧米化とジャンクフード普及に伴い

中国の農村部で、糖分と炭水化物が多い欧米型の食生活の弊害として、子どもたちの
間に爆発的に広まっている肥満に対し、研究者らが警鐘を鳴らしている。
中国東部・山東省での29年間に及ぶ子どもを対象とした調査で、1985年には男女とも
1%未満だった肥満児が、2014年には19歳未満の男子の17%、女子の9%に増加して
いることが分かった。また過体重(太り過ぎ)は男子で0.7%から16.4%に、女子で1.5%
から約14%にそれぞれ増加していた。
同研究論文は27日に「欧州予防心臓病学ジャーナル」に掲載された。政府による6回の
調査を通じて集めた、農村部の学校へ通う児童・生徒(7~18歳)2万8000人のデータに
基づく。
国連の体格指数(BMI)は、BMI25~29.9を過体重、同30以上を肥満としているが、この
研究論文の著者はより厳しく、BMI24~27.9以上を過体重、同28以上を肥満としている。
肥満に関するフランスの専門家、ダビデ・ノッカ氏は「洋食、中でもカロリーが高く、砂
糖を含む飲料がつく米国風のジャンクフードの普及がこうした現象の原因だ」と指摘し
ている。
2005年の中国の「若者リスク行動調査」によると、男子の4.3%と女子の2.7%は頻繁に
ソフトドリンクを摂取していた。また男子の13%近くと女子の4.3%が、1日当たり2時間を
超えてコンピューターゲームをしていた。
一方、昨年発表された中国政府の報告によると、2012年の成人肥満率は9.6%に達し、
10年間で2倍以上の伸びとなった。
15年に米国心臓病学会誌に掲載された論文は、中国では4人に3人が心臓血管が不良
な状態にあると指摘している。心疾患は中国での主な死因となっている。

http://www.afpbb.com/articles/-/3085400

食事だけでなく、コンピューターゲームの普及など子供たちの遊び方にも変化が起こっているとのこと。

 - ダイエット, ニュース, 健康