sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

中国でザリガニ食がブーム 小龍蝦(ミニロブスター)と表記され若い女性に大人気

   

【中国ウオッチ】
アメリカザリガニを爆食! 若者に人気で消費右肩上がり、コンビニで「姿煮」販売も

中国でアメリカザリガニが食材として人気を呼んでいる。消費量は右肩上がりで、2017年の国内生産量は初めて100万トンを突破した。関連産業も含めた総生産額は2685億元(約43兆7千億円)、従事者は520万人に上り、一大産業に成長している。中国語では「小龍蝦」(ミニロブスター)と表記され、食用への抵抗感は少ない。ザリガニ養殖を副収入とすることで、農村地域の所得を向上させる当局側の思惑もブームの背景にありそうだ。

8月初旬、北京市内で有数の規模を誇る水産市場の京深海鮮市場を訪れた。一部店舗の軒先では、赤黒いアメリカザリガニの群れが水槽やクーラーボックスに入れられ、大きなハサミをモゾモゾと動かしていた。店番の女性は「1斤(500グラム)で36元(約580円)だよ」。

北京市に住む30代の女性は1~2カ月に1回ほど、500グラム分、10匹前後を買って帰るという。食べられない内蔵などを店頭で抜いてもらい、自宅で調理する。独特のくさみがあるため、味付けはサンショウと唐辛子を利かせたピリ辛の「麻辣」が定番だ。「お年寄りや子供はあまり食べない。若者、それも女性が好んで食べている。男性は殻をむくのが面倒みたいですね」

筆者の仕事場近くにある北京市内の日系コンビニ「セブン-イレブン」の店舗では7月、弁当・総菜コーナーにアメリカザリガニの“姿煮”が突然登場し、度肝を抜かれた。が、1週間後には店頭から姿を消した。「もう売らなくなったわ。理由は知らない」と女性店員の返事はつれない。外国人居住者が多いこのエリアでは、商品化のハードルは高かったのかもしれない。

中国でアメリカザリガニはどれぐらい消費されているのか。農業農村省や中国水産学会が今年6月にまとめた「中国アメリカザリガニ産業発展報告」によると、昨年の養殖アメリカザリガニの生産量は約113万トンで、前年比36・6%増と急成長を遂げている。輸出分は2万トン足らずで、ほぼ全量が国内で消費されていることになる。

アメリカザリガニが人々の胃袋に入るまでの主なルートは、屋台の販売とレストランの料理、インターネットアプリを利用した「出前」の3つだ。「主要な消費者は20~39歳の若者」(同報告)であり、先の女性のように自ら調理する人は少数派らしい。広東省広州では昨年、ザリガニのレストランが前年の約4倍となる3268店まで急増している。

生産側の状況はどうか。昨年の養殖面積は1200万ムー(約80万ヘクタール)で前年比約3割増えた。養殖場所の7割は水田だ。刈り入れ前の8月頃に親ザリガニ、刈り入れ後の11月頃に稚ザリガニを水田に放つ。翌春に成長したザリガニを収穫し、その後に田植えするサイクルが多く採用されている。農閑期を利用した養殖で副収入を得る仕組みだ。

生産地は湖北、安徽、湖南、江蘇、江西の5省で全国の生産量の96%以上を占める。貧困地域も多い農村部の所得増大に向けて、各地方政府が積極的に養殖導入を働きかけているようだ。

またアメリカザリガニを食品に加工する際、廃棄される殻から多糖類のキチンなどが得られる。医薬品として日本や欧米に輸出されており、昨年は湖北、江蘇両省だけでキチン関連製品の生産額が25億元(約400億円)に上っている。

同報告はアメリカザリガニの国内需要を年190万トンと試算しており、今後も関連産業は拡大を続けそうだ。成長に陰りがみえてきた中国経済にとって、内需の“希望の星”ともいえるアメリカザリガニだが、そもそもこの外来種はいつ中国に入ってきたのか。その時期や目的については諸説あるが、“中国版ウィキペディア”の「百度百科」は、1920年代後半に日本人が「ウシガエルの飼料」として中国に持ち込んだと記述している。

http://www.sankei.com/premium/news/180807/prm1808070005-n1.html

 

下処理ちゃんとして泥臭ささえ取れば美味しいんだろうな(;^ω^)

関連コンテンツ ユニット



 - ニュース, ネット, 食事