sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

【中国】 ガラス張りの橋、ハンマーで叩いて安全性アピール → ヒビが入る

   

【中国】 ガラス張りの橋、ハンマーで叩いて安全性アピール → ヒビが入る 【中国】 ガラス張りの橋、ハンマーで叩いて安全性アピール → ヒビが入る 【中国】 ガラス張りの橋、ハンマーで叩いて安全性アピール → ヒビが入る 【中国】 ガラス張りの橋、ハンマーで叩いて安全性アピール → ヒビが入る

ガラス張りの橋 ハンマーで安全性アピール 中国

中国で、高さ数百メートルの石が林立する景観で知られる世界遺産の観光地、武陵源に、谷底から300メートルの高さにガラスでできた橋が架けられ、一般開放を前に、橋の表面のガラスにハンマーを次々と打ち下ろして、その安全性をアピールするイベントが開かれました。

武陵源は中国内陸部湖南省にあり、高さ200メートルを超える石の柱が林立する景観から世界自然遺産に登録され、観光地として人気を集めています。
現地では、さらに観光客に楽しんでもらおうと、谷底から300メートルの高さに長さ430メートルのガラス張りの橋が架けられました。
しかし中国では、別の観光地に造られたガラス張りの遊歩道にひびが入った写真がインターネット上に投稿され、不安を訴える声が上がりました。
このため、武陵源では一般開放を前に、新しくできた橋の安全性をアピールしようというイベントが開かれました。
参加したボランティアが1人ずつガラスの上に乗って「お母さん、愛してるよ!」などと叫んでガラスにハンマーを次々と打ち下ろしました。
橋は表面部分に複数のガラス板を重ねて5センチの厚さにしたもので、ひびは入ったものの割れて落ちることはなく、その上を車が走ると、大きな歓声が上がっていました。
現地の技術者は「橋がいかに信頼できるものかが証明され、観光客はその安全性を体験できるでしょう」と得意げに話していました。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160627/k10010573241000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_002

( ´゚д゚`)アチャー

 - ニュース, ネット