【悲報】中国人「この麺うめえ!病みつきになりそうだ!」←とんでもない隠し味が……

スポンサーリンク

中国でおいしいと口コミの「麻薬麺」、本当に麻薬が入っていた

スポンサーリンク

運営難で廃業危機に瀕していた中国のある麺料理店の店長が客の麺料理に麻薬の粉を入れて販売した容疑で公安に捕まったと中国現地メディアが6日(現地時間)、報じた。

報道によると、先月7日中国江蘇省連雲港付近の麺料理店で麺を食べた客が異常症状を訴えて通報し、この食堂が管轄公安に摘発された。

公安調査の結果、この食堂はケシの粉を入れた調合ソースを麺に入れて味つけをしていたことが確認された。この食堂はこのような手法で普段より約33%以上の売上を上げた。

食堂の店長リーさんは新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)長期化の余波で運営難に直面したが、偶然手に入れたケシの粉を調味料に添加してみようと思って実行に移した。

スポンサーリンク

リーさんは麺料理に入れる唐辛子の調合ソースにケシの粉を入れて客に出した。リーさんの奇異な行為は経営難が深刻化した4月から本格化した。

客は麺料理の中に麻薬が添加された事実に全く気が付かず、特有のコクがあっておいしいという口コミを広めた。リーさんはテイクアウトの客に対しては「秘法の調味料」と紹介して別途に販売してもいた。

しかしリーさんの行為は長くは続かなかった。麺料理の味を不審に思った客が公安に申告したのだ。

麻辣湯にケシの粉を入れて公安に摘発されたという記事を読んだこの客は、リーさんの料理の味を疑うことになり、食べ残した料理を派出所に持ち込み検査を依頼した。

スポンサーリンク

麺料理を複数回食べた一部の客は幻覚や脱水など異常症状を訴えたりした。

通報を受けて出動した管轄公安局はリーさんの食堂でケシの粉を入れた唐辛子ソースから麻薬成分を検出したと6日、明らかにした。

管轄公安局は「リーさんを刑事拘留して詳しい経緯や余罪などを調査している」と明らかにした。続いて「中国現行法上、2008年からケシの粉は非食用物質に分類されて管理監督している」とし「麻薬類で顧客をげん惑させたリーさんの行動は経営倫理を破った深刻な違法行為」と指摘した。

中国でおいしいと口コミの「麻薬麺」、本当に麻薬が入っていた(中央日報日本語版) - Yahoo!ニュース
運営難で廃業危機に瀕していた中国のある麺料理店の店長が客の麺料理に麻薬の粉を入れて販売した容疑で公安に捕まったと中国現地メディアが6日(現地時間)、報じた。 報道によると、先月7日中国江蘇省連雲港
スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

これ死刑じゃね😱😱😱

コメント