海岸に血まみれのクジラ打ち上がる 沖縄

海岸に血まみれのクジラ打ち上がる 沖縄

名護市の海岸にクジラ打ち上げられる 背びれや尾びれを動かし 体長約5メートル

19日午前8時すぎ、名護市の海岸でクジラが打ち上げられているのが見つかった。クジラの背中から尾にかけて傷があり、周辺に血が流れている。けがはしているが、背びれや尾びれを動かしており、生きている状態だ。連絡を受けて現場に到着した沖縄美ら海水族館の職員によると、体長は4・85メートルでクジラの種類はコビレゴンドウという。

同日午前11時ごろ、水族館の職員がクジラを海岸から海側に少し移動させた。船が到着次第、沖に運んで放すという。

クジラを見つけた大城徹さん(44)=名護市=は、付近の国道58号を南から北向けに車を走らせていた途中で気づいた。大城さんは「黒いものが動くのが見えて、人かなと思って近づいたら黒いものは尾びれでクジラだった。沖縄美ら海水族館に連絡した」と話した。

水族館の職員と大城さんらがクジラを動かし呼吸ができるようにした。水族館の職員によると、19日午前11時40分現在、クジラは正常に呼吸ができるようになっているという。

主要 -琉球新報 - 沖縄の新聞、地域のニュース
沖縄のローカルニュースを伝える日刊エリア紙。特集記事、コラム、データベース、こども新聞紹介。

 

 

助かるといいけど…(;´Д`)

コメント