部下「遅刻してすいません。電車が事故で遅延してて」上司「死ぬよ」部下「!?」上司「戦場なら死ぬよ」

部下「遅刻してすいません。電車が事故で遅延してて」上司「死ぬよ」部下「!?」上司「戦場なら死ぬよ」

“遅刻の言い訳”をする人は戦場なら死ぬ人 「車両トラブルで電車遅延した」

若手にしろ、ベテランにしろ、どの職場にも「問題児」はいるだろう。どう向き合えばいいのか。「プレジデント」(2018年3月5日号)では、9つの場面について、具体的な対処法を識者に聞いた。第4回は「言い訳のオンパレード」について――。

自衛隊では、そもそも言い訳はできないと教えられる

たとえば取引先への訪問で集合場所に遅れたとき、「車両トラブルで電車が止まった」などと、言い訳を繰り返す人がいます。こういう他責(他人責任)型の人はビジネスパーソンとしても問題ですが、私の母校である防衛大学校や自衛隊では、そもそも言い訳はできないと教えられます。上意下達が必要な組織や、軍隊のような規律で動く組織は、すべて自責(自己責任)型。集合場所に遅れたら、戦場なら死ぬ可能性も高いのです。

できるビジネスパーソンは、小さな約束を徹底して守りますし、対応も早い。この積み重ねです。一方、たとえば言い訳つきで、打ち合わせ日時を直前に変更する人、1度決めた会食日時を自分の都合で変えたがる人に、仕事ができるタイプはいません。

言い訳を生む理由には3つあり(図版参照)、どれに該当するかで対応方法も変わります。ここで問題なのは(3)として挙げた部下本人に問題があるケースです。一対一の個人面談で次のように伝えます。相手がある程度のベテランであれば、「あなたはこの仕事で報酬を得ていますよね。部門目標はこれで、個人ミッションはこうです。その職責を果たしていますか」と事実を認識させるように話します。さらに「今後、○○を改善してください。改善しなければ厳しい状況になります」と処遇面でクギを刺してもいいでしょう。

部下の言い訳が一理あるケースの上手な対処法

若手の場合は、「あなたは将来どうなりたいの?」と質問して具体的な答えを聞く。一般企業であれば、2年後に「後輩の見本となってほしい」とか、4年後に「チームリーダーになってほしい」といった地位や周囲の信頼といった“ニンジン”をぶら下げます。

なぜこの年数かは、本人に目標達成のためのスイッチが入り、かつ緊張感が続くのは4年が限度という経験則があるからです。

時には部下の言い訳が一理あるケースもあります。たとえば上半期の目標が未達成だった営業マンが、「今期は競合他社のキャンペーンがすごくて、お客さんに十分訴求できませんでした」と言い訳したとします。

この場合は「何がダメだったのか」ではなく、「その中でもうまくいったものは何なの?」と聞くようにします。部下自身に、ダメな理由=犯人探しでなく、うまくいった=将来の芽を探させる。すると「来期に商談延期となったのが3件あります」といった話が出てきます。そこで「わかった。来期は大丈夫だろうね」と伝え、勝てる方法を考えさせます。競合の弱みを探させ、ウチはどの強みで勝負するか、具体的にどう勝つかを考えさせます。

私がクライアント企業から必ず要望されるのは「自立・自走する人材が欲しい」ということです。言い訳しないで自走する人材は、市場から常に求められているのです。

"遅刻の言い訳"をする人は戦場なら死ぬ人 「車両トラブルで電車遅延した」
たとえば取引先への訪問で集合場所に遅れたとき、「車両トラブルで電車が止まった」などと、言い訳を繰り返す人がいます。こういう他責(他人責任)型の人はビジネスパーソンとしても問題ですが、私の母校である防…

 

戦場に遅刻したならむしろ生き残るのでは?(スットボケ

コメント