sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

【胸糞】巧妙・悪質化する「痴漢冤罪ビジネス」の実態が酷すぎる

   

【胸糞】巧妙・悪質化する「痴漢冤罪ビジネス」の実態が酷すぎる

名門女子高生「痴漢冤罪詐欺」グループ、中年男を狙う巧妙な手口

昨年9月に起きた、千葉大学医学部の学生らによる集団レイプ事件。主犯格の医学部5年、吉元将也被告(23)に対して、千葉地裁は懲役4年の実刑判決を言い渡した。執行猶予なしの実刑判決はけっこう重い。事件に加わった他の学生に関しては、山田兼輔被告が懲役3年の実刑判決(控訴中)、他の学生と研修医は執行猶予付きの有罪判決。すでに一審で判決が出ている学生は、大学も退学処分になっており、吉元被告も判決が出たことで退学処分になることが考えられる。

悪質化する性犯罪に対しては厳罰化を求める声も高く、5月28日には東大・本郷キャンパスにて、女優の土屋アンナ氏や映画監督の小沢雅人氏らも参加して、厳罰化を求めるイベントも開催された。

途上国における性被害は想像を絶するものがあるが、欧米・日本といった先進国でも性犯罪、性暴力に対して甘い。アメリカの大学でもキャンパスレイプが社会問題化している。大学内でのレイプ被害は数年間に100~300件を超える学校もあるが、加害者が退学等の処分を受けたのは各校1ケタ数程度。レイプ加害者の多くは、ほとんどなんの罰も受けていないのが実態だ。しかも、レイプ事件そのものを大学が揉み消すこともある。なぜなら、学内でレイプ事件が起きたことが広まって、寄付が減ることを恐れるからだ。また、スポーツのスター選手が不祥事を起こした場合も同様。大学は事件自体をもみ消そうとする。

大学がそんな態度だから、レイプ事件が減るわけもない。このままでは、アメリカの大学では年間10万人のレイプ被害者が出てしまうという説もある。2015年には、このキャンパスレイプの被害者女性たちの抗議活動を追ったドキュメンタリー映画『ザ・ハンティング・グラウンド』がサンダンス映画祭で上映され大きな話題になった。

誰もが巻き込まれる危険性
「痴漢冤罪」

ところで、性犯罪と言えば痴漢もれっきとした性犯罪だが、ご存じのように、最近では電車の中で痴漢を疑われた男性が線路を走って逃げる事件が相次いでいる。5月15日には、痴漢を疑われた男性が線路に降りて逃走しようとして、やってきた電車に跳ねられて死亡した。5月12日には、JR上野駅で痴漢を疑われた男性が線路を走って逃走。その後ビルから転落死したが、自殺だと見られている。

痴漢を疑われたが冤罪を主張して(身の潔白を主張して)自殺した例は、これが初めてではない。2009年12月に、大学職員の男性(当時25歳)がJR駅構内で女性とトラブルになり、警官がかけつける騒ぎとなったが、単なるケンカの取り調べだと思って警察署に同行したら、痴漢容疑で取り調べを受けた。そして取り調べの翌日、この男性は地下鉄駅のホームから飛び込み自殺をした。実は、この痴漢容疑は「人違い」だったことが判明していたのだが、この男性は疑いが晴れたことを知らず、容疑をかけられたことに絶望して自殺したとみられている。2012年にはJR西日本の役員男性が、女子高生に痴漢行為をした疑いで逮捕。しかし、役員男性は冤罪を主張し、釈放された直後に首つり自殺している。

痴漢は女性にとっては身近な(被害に遭いやすい)犯罪だが、男性にとっては痴漢冤罪もまた身近なものだ。痴漢をする男性はごく一部の人間にすぎないが、痴漢冤罪は男性の「誰も」が巻き込まれる危険性がある。実際、僕の知人も痴漢冤罪事件に巻き込まれたことがある。もうずいぶん昔の話になるが、ある日の夕方、僕は自分のオフィスで企画書を書いていた。携帯電話が鳴ったので出てみると、警察からだった。知人男性が電車で痴漢行為をして捕まったという。派出所で拘留しているが、罪を認めているから釈放する。ついては、身元引受人が必要なので犯人を引き取りに来い、という連絡だった。

正直、面倒くさかったが、たぶん彼の知人・友人の中で、僕が一番、口が堅いと思って連絡してきたのだろう(一番、暇だと思われたのかもしれないが)。そんな彼の「信頼感」に応えることも、知人としての務めだと思って行くことにした。派出所まで出向いて彼の身柄を受け取ったのだが、釈放されて2人でメシを食いながら、彼は「実はオレはやってない」と主張する。「完全な冤罪だ」と言うのだが、無罪を主張するとそのまま警察に何日間も(下手すれば何ヵ月も)拘留されてしまう。彼も仕事があるし、長期間拘留されたら、奥さんにも痴漢容疑で逮捕されたことがバレてしまう。しかし、罪を認めてしまえばすぐに釈放されるし、初犯でそれほど悪質ではない場合は(女性からすればすべての痴漢行為は悪質だろうが、ここでは刑事司法的にという意味)罰金刑で済む場合が多いようだ。

たとえ冤罪でも、
認めてしまったほうが合理的?

もちろん痴漢といえども、刑が確定すれば前科がつく。転職する時などに履歴書の賞罰の欄に「前科一犯(東京都迷惑防止条例違反)」などと書くのもカッコ悪いし、女性客相手の業種や企業なら、そんな前科のある男性を雇いたいと思う経営者はいないだろう。しかし最近の履歴書には賞罰の欄はないし、採用面接などで聞かれない限り、自分から進んで「前科があります」と申告する必要もない。聞かれたら正直に答えないと後でバレた時に面倒だが、これまでの判例を見ても、痴漢の犯罪歴が後でバレて、それが理由で懲戒解雇になるとはまず考えにくい。新卒採用の面接などでも、前科を問われることはあまりないようだ(銀行など厳しく調べる業種はあるかもしれないが)。

また、前科・前歴の記録は警察、検察、本籍地の自治体が持っているが、たとえ本人であってもその情報は開示されない。なので、第三者が知ることはまず不可能だ。将来、紫綬褒章などの勲章をもらいたいとか、警察官になりたいとか、立候補して議員になるつもりでもない限り、前科がつくことで社会生活や日常生活に困ることはあまりない、と考えられる。

そんなわけで痴漢を疑われたら、たとえ冤罪であっても認めてしまったほうが合理的、という考え方ができる。なので、僕の知人のように、疑われたら素直に認めてしまう男性も多い。それなのに線路を走って逃げる男性がいるのは、「痴漢を疑われたら、とにかく逃げろ。駅員室に連れて行かれたら終わりだ」というメッセージが社会に流布されているからだろう。最近の報道番組等では誰も言わないが、2004年に痴漢冤罪を扱った映画『それでもボクはやってない』が公開されて痴漢冤罪が話題になった頃は、ワイドショーなどで弁護士が「とにかく逃げろ」と言っていたように記憶している(確認ができないが)。それがネットで出回って、「とにかく逃げなければヤバイ」というイメージになってしまったのだろう。

しかし、逃げても後日に逮捕されたりしたら警察官や裁判官の心証は最悪で、たとえ本当に無実だったとしても言い訳は通らないだろう。痴漢を疑われたらすぐに弁護士を呼べとも言うが、過去の痴漢冤罪事件を見ても、弁護士がどこまで無罪主張に役立つかは疑問だし、自分を100%信じてくれる妻や友人たちがいて、長期の法廷闘争を戦い抜くだけの気力と財力があって、己の全存在をかけて戦うくらいの矜持がなければ、痴漢冤罪事件で戦うことは困難だ。たとえ最終的に無罪判決を勝ち取っても、それまでに払った代償があまりにも大きい。

結局のところ、男性諸君は極力、痴漢を疑われないように注意して生きていくしかないが、残念ながら、痴漢冤罪は注意していても防げないこともある。本当に、どこにでも痴漢冤罪の危険は存在しているのだ。実は僕も一度、痴漢だと疑われたことがある。まだ学生だった頃だが、ある日、満員電車に乗っていた僕の目の前には、20代半ばくらいと思われるお姉さんが背中を向けて立っていた。当時は僕も若造だったし、痴漢冤罪の報道もなかった時代なので、無防備にもお姉さんのほうに体を向けて立っていたのだが(今なら絶対にそのような体勢はとらないが)、電車がカーブで揺れた瞬間に、僕とお姉さんの身体が密着してしまった。するとその女性はもの凄い形相で振り向いて、僕を睨みつけてきた。電車が揺れたのをいいことに、股間をお尻に押しつけてきたと思ったのだろう。もちろん濡れ衣だ。

幸いこの時はお姉さんに睨まれただけで済んだが、最近は「新型痴漢」といって、お尻や太ももを触るのではなく、電車の揺れを利用して身体を密着させたり、首筋に息を吹きかけたりするような痴漢行為が増えていると報道されている。なので、僕のケースも今なら「新型痴漢」認定されて、学生なのに前科持ちになってしまっていたかもしれない。

名門女子高生たちによる
巧妙な「痴漢冤罪詐欺」の実態

このように、自分ではそのつもりがなくても痴漢犯罪者になってしまうこともあるが、もっと悪質なケースもある。痴漢冤罪をでっち上げて、金品を脅し取る「痴漢冤罪詐欺」だ。これはタチが悪いが、とくに最悪なのが、女子高生の痴漢詐欺グループである。世の中には以前から、痴漢冤罪を仕掛けて詐欺をはたらく女子高生グループが存在している。もう20年くらい前の話になるが、僕は当時担当していた若者向け雑誌の取材を通して、そうした痴漢詐欺グループの女の子たちから直接話を聞いたことがある。その手口はこうだ。

まず、朝の満員電車でターゲットとなる男性を決める。いかにも実直そうな、一流会社に勤める妻子持ち風の中年男性がターゲットだ。そのターゲットの前方に、被害者役の女子高生が移動する。頃合いを見計らって、被害者役の子が身体をモジモジさせたり、泣き出したりする。するとターゲットを取り囲んでいた他の女子高生たちが「あんた、なにやってんのよ!」と言って男性を問い詰め、次の駅で降ろす。最初にやることは、まず名刺の確保だ。これで男性が勤務する会社と連絡先を確保する。そこから交渉に入り、男性が金を払えば無罪釈放。払うことを拒否すれば駅員を呼ばれ、駅員室へ。まもなく警察官も到着する。

この詐欺グループのポイントは、メンバー全員が首都圏の「名門校の生徒」であること。そして全員が違う学校の生徒であることだ。また被害者役の子は、いかにも大人しそうな顔をした女の子が担う。髪はもちろん黒髪だ。ちなみに当時はガングロなる女子も巷にはびこっていて、女子高生といえば日サロで焼いた黒い肌に茶髪、ルーズソックスが定番だった。そんな時代に、名門校の制服を着た、しかも黒髪の少女が、まさか詐欺グループの一員だとは誰も思わない。そして、全員が違う制服を着た女子高生たちが、実はグルであることも分からない。たまたま現場に居合わせた義侠心のある女子高生にしか見えないからだ。

もちろん、駅員室に行って駅員や警察官から学校名や名前を聞かれても、堂々と生徒手帳を見せる。これで大人はすっかり女子高生たちの言うことを信じてしまう。大人は名門校の女子生徒には甘いのだ。そして警察も検察も裁判官も、そんな大人の信頼厚い女子高生たちが言うことを、「信頼できる第三者の証言」として取り扱う。餌食にされた男性からすれば、どこの誰とも知れない女子高生たちがグルであることを立証するなど、まず不可能だ。

かくして冤罪詐欺事件は成立する。駅員室に行く前に示談が成立すればセーフだが、駅員室まで行くことになっても駅員も警察官も女子高生の言うことをすっかり信用するから、男性は起訴まで持って行かれる。起訴されたら実刑がつくことが怖いので、裁判で有利になるようにほとんどの被疑者は示談交渉してくる。また、逮捕・拘留されても、起訴される前に示談できれば起訴猶予の可能性もある。いずれにせよ、被疑者は結局示談を持ちかける。これで女子高生たちは何がしかの金品を、ターゲット男性から巻き上げることになる。

彼女たちのグループにはお嬢様校の生徒もいるが、高偏差値の進学校の生徒もいる。グループのメンバーの中には、全国模試で3位という女の子までいた。賢い女の子たちなので、防御策も完璧だ。彼女たちいわく「顧問弁護士がちゃんとついていて、恐喝にならないような交渉のやり方をしっかりとレクチャーされている」とのこと。もしターゲット男性との示談交渉になったとしても、しっかりとその顧問弁護士がサポートしてくれるという。「私たちの愛読書は携帯六法なんですよ(笑)。みんな、持ち歩いてますから」と屈託なく笑う彼女たちの笑顔に、話を聞いていた僕も、何とも複雑な心境になってしまった。

今でもこのようなグループが存在するかどうかは分からない。ただ12年くらい前に、このような手口の被害に遭った男性がいるという情報も得ている。その男性は会社を辞め、今は海外で暮らしているという。彼は痴漢冤罪詐欺グループによって、人生をすっかり変えられてしまったのだ。今でも同様のグループが跋扈して、被害男性を生み出している可能性は否定できない。

基本的に、僕は性犯罪の厳罰化を支持する立場だ。しかし厳罰化によって、この女子高生たちのように、巧妙に冤罪詐欺を仕掛ける犯罪グループが増えることも考えられる。男性諸君は、ますます自身の危機管理能力が問われる時代になるかもしれない。結局のところ、痴漢冤罪からもレイプ冤罪からも身を守るためには、自分でどうにかするしか方策はない。とりあえず、満員電車の中ですり寄ってくる女性にはご用心である。

http://diamond.jp/articles/-/129823

痴漢があり痴漢冤罪がある。どちらも実在するのにこの問題で喚いてる連中ってなぜか片方しか認めない。馬鹿なの?(;・∀・)

関連コンテンツ ユニット



 - ニュース, ネット