上司の飼ってるチワワを死なせてしまったリーマン、クソヤバい方法で証拠隠滅する

>勤務先の上役から預かったチワワが死んだのをごまかすために自宅アパートに火をつけたとして、現住建造物等放火の罪に問われた小川彰被告(28)=福岡市博多区=の裁判員裁判の判決が22日、福岡地裁であった。
>平塚浩司裁判長は「偽装のために放火したことは、あまりに短慮で身勝手」として、懲役5年(求刑懲役6年)を言い渡した。

>被告は、事件前に勤務先の代表者から日常的に暴力を受け、チワワを預かる際に「犬に何かあれば、娘にも同じようにする」と言われたため、考えた末に放火したなどと主張していた。

(※リンク切れ)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171222-00000087-asahi-soci

 

これ預けた上司の方もヤバすぎるな…(;゚Д゚)

コメント