【転売】無料「ちびまる子カード」配布に長蛇の列→メルカリで1万円出品 自治体困惑

SNSからは、「天国のさくら先生が悲しみますね」、「無料のカードが売買なんて悲しい…」、「あたしゃ悲しいよ」などと声が聞かれ、「ちびまる子ちゃん」のカードをめぐって騒動となっている。

静岡県のJR清水駅前にできた大行列。

並んでいた人たちが手に入れたのは、「ちびまる子ちゃん」のマンホールカード。

静岡市が観光促進などを目的として無料で配布したこのカードが、今、インターネット上で次々と売買され、自治体が困惑する事態となっている。

2018年8月から静岡市に設置された、「ちびまる子ちゃん」が描かれたご当地マンホール。

さくらももこさんがデザインしたこのマンホールが、14日にカード化され、話題を集めた。

配布場所のJR清水駅前の観光案内所には、大行列ができた。

こうしたマンホールカードは、全国各地のご当地グッズとして人気で、下水道事業の広報団体と自治体が下水道に関心を持ってもらおうと、各地で配られている。

長野県から来た男性は、「きょうは朝5時に長野県を出て、マンホールカードが欲しくて」と話した。

静岡市の男性は、「娘に頼まれたものですから、もちろん自分も欲しいですけど」と話した。

カードは、1人1枚、無料で配布。

ところが、ネット上の売買サイトには、配布がスタートした当日から、「ちびまる子ちゃん」マンホールカードの出品がずらり。

1枚1,000円から2,000円で販売されていて、中には、1万円以上で取引が成立しているものもあった。

自治体が、全国の人が静岡を訪れるきっかけになればと、期待を寄せて配布された「ちびまる子ちゃん」カードが、ネット上で売買される事態に。

市の担当者は、「下水道への理解と、静岡市への観光促進のため配布しています。その目的を大切にしてほしい」とコメントしている。

表示できません - Yahoo!ニュース

 

さくら先生も天国で悲しんでいるだろうな…(;´Д`)

コメント