【千葉県小4女児死亡】逮捕された母親「娘が暴行受ければ自分はされずにすむ」父親と一緒になって娘を叱責し暴行加担を認める

女児死亡 逮捕の母親「娘が暴行受ければ自分はされずにすむ」

千葉県野田市で小学4年生の女の子が死亡し、傷害の疑いで両親が逮捕された事件で、このうち、4日逮捕された母親は「娘が夫から暴行を受ければ、自分は暴行されないですむと思った」などと供述していることが捜査関係者への取材でわかりました。

千葉県野田市の小学4年生、栗原心愛さん(10)が自宅で死亡しているのが見つかった事件では、父親の栗原勇一郎容疑者(41)が先月、傷害の疑いで逮捕されたのに続き、当時、自宅にいた母親のなぎさ容疑者(31)も暴行を止めなかったとして、4日、傷害の疑いで逮捕されました。

なぎさ容疑者をめぐっては、以前、沖縄県糸満市に住んでいた際、勇一郎容疑者からDV=ドメスティックバイオレンスを受けていると親族を通じて市に相談が寄せられていて、捜査関係者によりますと、これまでの調べに対しても、なぎさ容疑者は「娘を守るべきだったが、娘が夫から暴行を受ければ、自分は暴行されないですむと思った」などと供述しているということです。

警察は、DVを受けるのを免れるため、心愛さんへの暴行を黙認していたとみて調べています。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190205/k10011803661000.html

女児母親、厳しく叱責=「暴行加担」認める-父と共謀、傷害容疑で逮捕・千葉県警

捜査関係者によると、なぎさ容疑者は事件当日、父親と共に心愛さんを厳しく叱責(しっせき)しており、「暴行に加担した」という趣旨の供述をしているという。

県警は、なぎさ容疑者が父親の制止や警察への通報をしなかったことに加え、同調して叱責し精神的に追い詰めることで、一連の暴行に加わったと判断。父親との共謀を問えると結論付けたとみられる。

逮捕容疑は、父親の勇一郎容疑者と共謀し、1月24日午前10時~午後11時10分ごろの間、自宅で心愛さんの頭髪を引っ張り冷水を掛けたほか、首付近を両手でつかむなどしてけがをさせた疑い。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190205-00000013-jij-soci

 

 

sakamobi
sakamobi

>「娘が暴行受ければ自分はされずにすむ」

悲しすぎるな。もちろん責められるべきは父親の方だと思うけど…(;´Д`)

 

コメント