公衆トイレ外壁にバンクシーっぽい落書き 千葉県「一般的な落書きと同様に扱う」と消去検討

印西にもバンクシー? ネットで話題 千葉県は消去検討

東京都内や千葉県内で見つかった屋外の落書きが正体不明の路上芸術家、バンクシーの作品かもしれないと話題になっていることを受けて、印西市山田の双子公園の公衆トイレの外壁に描かれた猿人の絵も「バンクシーの作品?」と、インターネット上などで話題になっている。

絵は縦約1・6メートル、横約1メートル。直立歩行している猿人が銃のようなものを持ち、足元には子どもの猿が描かれている。1年以上前からあったとみられる。

ただ、公園を管理する県印旛土木事務所の担当者は「一般的な落書きと同様に扱い、鑑定には出さない。時期を見て消すことを検討する」としている。

東京都港区では、バンクシーの作風に似たネズミの絵が防潮扉に見つかり、都は取り外して保管し、鑑定作業を進める方針。県内では、九十九里町の片貝漁港の防波護岸にバンクシーの作品「少女と風船」に似た絵が見つかっている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190206-00010007-chibatopi-l12

 

sakamobi
sakamobi

とりあえず鑑定はしようよ。もし本物なら観光資源になるのに消しちゃうとか勿体ないわ…(;´Д`)

コメント