sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

猫の「健康寿命」を損なう「飼い主の7つの習慣」

   

猫の「健康寿命」を損なう「飼い主の7つの習慣」

アロマもNG? 猫の「健康寿命」を損なう「飼い主の7つの習慣」

「猫は犬に比べて手がかからないとはいうけれど、人間と同じで年を取ると体調を崩しがちで大変」

とこぼすのは、3匹の老猫と暮らすパート従業員の陽子さん(仮名・68歳)だ。

「最近は加齢のせいで摘便が必要になることが多く、動物病院にかかると1回4千円ほど。不調の原因がわからず麻酔で検査したりすると、それだけで2万~3万円はかかる」

アニコム損害保険のペットにかける年間支出調査(2016年)によると、飼い主が1年間で猫にかけた医療費の平均は約3万5千円。調査対象の猫の平均年齢は5歳ということだから、老猫や多頭飼いとなると医療費はさらに膨らむだろう。それでも、家族同然の愛猫の不調は放っておけないものだ。

しかし、猫の病気や体調不良のなかには、飼い主の行動に起因するものがあるという。その筆頭格ともいえるのが「喫煙」だ。猫専門の動物病院である東京猫医療センター院長の服部幸獣医師は、こう警告する。

「猫も人間と同じように受動喫煙の影響を受けるので、飼い主の喫煙は猫の健康を害することにもつながります。具体的には、リンパ腫のリスクが高まるという研究結果が明らかにされています」

副流煙を吸い込んでしまうリスクに加え、猫は毛づくろいの習慣があるため、毛についたたばこに含まれる化学物質をなめて、体内摂取する危険性も指摘されている。自由に外出ができる人間と違い、室内飼いの猫には逃げ場がない。喫煙習慣がある人は自分自身に加え、猫の健康も害していることを肝に銘じる必要があるだろう。

近年、主流になっている完全室内飼いは、病原菌などに感染する機会が少なく、猫同士のけんかや交通事故に遭うことがないため寿命が長いと考えられている。このため、ワクチン接種をしない飼い主もいるが、これも要注意だという。

「ウイルスは飼い主の靴の裏から入ってくることも。動物病院の受診時に感染することも考えられるので、3種混合ワクチンだけでも接種することをおすすめしています」(服部獣医師)

一方、キャットホスピタルの南部和也獣医師は、「室内飼いが猫の健康に良い」という考え方自体に異論を唱える。

「完全室内飼いはアメリカの都市部から来た習慣ですが、住宅の狭い日本では深刻な運動不足につながっています。運動不足は肥満の原因になります」

人間と同様、猫にとっても肥満は糖尿病や心臓病など、さまざまな病気のリスクを高める。完全室内飼いが普及して以降、10歳ぐらいから病院通いを余儀なくされる猫が増えていると南部獣医師は指摘する。

「猫の寿命が15年あるとして、生涯の3分の1が病院通いというのは幸せとはいえないし、飼い主の経済的負担も重くなる。寿命そのものより、元気に過ごせる『健康寿命』を意識したいものです」

確かに、室内飼いの猫を外に出せば、事故や感染症などのリスクは高まる。それでも、健康寿命を重視するなら外に出すことも検討の余地はあるだろう。

「特に狭い家や階段のない家での室内飼いは注意が必要です。外に出せない場合でも家具に上り下りしやすい環境を整えたり、散歩に連れ出したり、積極的に遊んであげたりするなど、なるべく体を動かせる環境をつくってあげましょう」(南部獣医師)

運動不足に加え、食事の与えすぎも肥満の原因となる。最近は猫用のおやつがブームになっているが、喜ぶからとあげすぎてはいないだろうか。前出の服部獣医師は、1日の摂取カロリーを決め、食事はその範囲内で与えることを勧める。「体重管理は健康維持の基本です。最近は20歳ぐらいまで長生きする猫も少なくありませんが、肥満の猫でここまで長生きする例は見たことがありません」

太り気味の猫に対しては、糖尿病の初期症状を見逃さないよう観察する必要があるという。糖尿病は治療が遅れると後ろ脚に力を入れにくくなったり、さまざまな不調が表れやすくなる。急に体重が減ったり、水を飲む量や尿量が増えたら糖尿病が疑われるので、普段から飲水量と体重を定期的にチェックしておくことが必要だという。

南部獣医師は、食事の量だけでなく内容も見直してほしいと話す。

「市販のキャットフードが最適と思っている人が多いようですが、そうとは限りません。猫は肉食動物で、本来は炭水化物が必要でないのにもかかわらず、安価なキャットフードほど多くの炭水化物が含まれています。血糖値の上昇につながり、糖尿病の原因にもなります」

食事に関しては、コストや手間を考えるとキャットフードに頼ってしまうのは仕方がない面もある。しかし、余裕があるなら、タンパク質の量の多い高級キャットフードを与えるよりも良い方法があるという。

「精肉を加熱して与えるのがベストです。比較的安価な鶏むね肉やササミなどで十分で、余裕があるときだけでもかまいません。『人間の食べ物をあげるのはよくない』と言われますが、例えば唐揚げの衣を取って分け与えるくらいなら問題ありません。ただし、パンやお菓子など炭水化物が多いものは論外です」(南部獣医師)

ペットがいると何かと散らかりがちになるが、「片付けが苦手」という飼い主も要注意だ。動物病院に運び込まれる猫の症状として意外に多いのが、誤食や誤飲だという。前出の服部獣医師はこう解説する。

「おもちゃやリボン、ゴムなどを猫が誤ってのみ込んでしまうことがよくあります。腸閉塞を起こしてしまえば開腹手術が必要になるので、こうした小さなモノを猫の手が届く場所に放置しないよう注意する必要があります」

また、猫の健康をキープする習慣としては、歯磨きがおすすめだという。

「猫は虫歯にはなりませんが、歯肉炎や歯周病、歯石は多く見られます。口腔内に問題がある猫はそうでない猫に比べて腎臓病になるリスクが高まるというデータがあります」

歯磨き習慣のない猫の場合、いきなり歯ブラシはハードルが高い。まずはぬらしたガーゼを指に巻き、唇をめくるように犬歯と奥歯の表面をこすることから始めるとよいという。

「慣れてきたら歯ブラシを口の端から滑り込ませて磨きましょう。歯ブラシは猫用でなくても、子ども用の小さい歯ブラシでも大丈夫なので、1日1回の歯磨きを習慣づけましょう」

普段、アロマオイルを焚く習慣がある人も注意したい。一般的にアロマオイルは猫に良くないと言われているが、なぜだろうか。

「もともとアロマオイルは植物のエキスを濃縮して作られるものです。肉食動物である猫は植物をうまく代謝できないので、アロマオイルを口や皮膚から摂取すると毒性を示すことがあります。解毒をする臓器である肝臓と腎臓に負担がかかり、腎臓病と肝臓病の原因になることもありえます」(服部獣医師)

あなたの生活習慣、大丈夫ですか? 愛猫と一日でも長く健康に過ごすため、できることを始めましょう。

《愛猫家なら改めたい7つの習慣》
【1】喫煙している
【2】完全室内飼いだからと、ワクチンを打たない
【3】喜ぶのでつい、おやつをあげすぎてしまう
【4】炭水化物の多い食べ物を与える
【5】部屋に細かいモノが散らかっている
【6】猫の歯磨きをしない
【7】アロマを焚く

https://dot.asahi.com/wa/2017101300020.html

アロマを焚くのがダメってのは盲点だな。それと猫に歯磨きってできるのだろうか?(;・∀・)

関連コンテンツ ユニット



 - ニュース, ネット, 健康, 動物