【ルノー】カルロス・ゴーン会長逮捕は「F1活動に影響しない」

日産のカルロス・ゴーン会長が逮捕されたことを受け、ルノーのF1での活動への影響も懸念されているが、マネージング・ディレクターのシリル・アビテブールは「影響はない」と明言した。

「カルロス・ゴーンは2015年後半にF1に復帰するという決断に尽力してくれたが、当然ながらその決断は彼一人の決定ではないんだ。

取締役会レベルの執行委員会で長い時間を掛けて議論され、企業としての決定だった。我々は40年以上にわたりF1に参戦してきた。今も6年間の長期計画の旅の途中だ。

チームを作るのに6年、頂点へ挑戦するのに6年。それがフォーカスすべき部分だ。

2016年以来チームの役員を務めていた現・暫定CEOのティエリー・ボロレ(最高執行責任者)はF1を知らない人ではないし、すべての事業の明確な継続性がある。明らかに、我々がその全体的な継続性にフォーカスを当てて、ルノーをサポートする必要があるところだ」

「今回の逮捕によって影響があるという情報はないし、F1プログラムに大きな影響はないだろう。当分の間、継続をし、我々が何をしなければならないかに焦点を当てる。今シーズン最終戦が行われる今週末をベストな結果で終えて、F1計画の第2段階にフォーカスを当てる。成功を収めることができるか否かということが重要であり、これが私がすべきことだ」。

表示できません - Yahoo!ニュース

 

こんな初期段階で影響すると言うわけないだろ(#・∀・)

コメント