【悲報】ゴーン被告「毛布の追加を繰り返し要求」…米紙が報じてしまう

ゴーン被告「毛布の追加を繰り返し要求」…米紙

米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は29日、東京拘置所に勾留されている日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告が拘置所の寒さに苦労しており、体重が約20ポンド(約9キロ・グラム)減ったなどと報じた。

ゴーン被告の娘であるキャロライン・ゴーンさんとマヤ・ゴーンさんが証言した。2人によると、ゴーン被告が勾留されている一室には暖房がなく、ゴーン被告は毛布の追加を繰り返し求めている。ペンや紙を使うことが許されず、体重が少なくとも20ポンド減っているという。

ゴーン被告は11月中旬に逮捕され、約1か月半にわたって勾留されている。キャロラインさんは「健康な状態で釈放され、裁判で自分の声で自分を守れることを願っている」と語り、マヤさんは「こんなに長い間、父の声を聞かなかったことはない」と話した。

https://www.yomiuri.co.jp/national/20181230-OYT1T50066.html?r=1

 

9キロ減ったとか本当なんかな…(;・∀・)

コメント