【動画あり】“滝が流れ落ちる超高層ビル”が中国、貴陽市に登場

中国南西部・貴陽市の中央ビジネス地区に、この夏、高さ121メートルの新たな高層オフィスビルが現れた。このビルは、ある1方向の壁面で高さ108メートルの人工の滝が流れ落ちるようになっている。

水は強力なポンプ4基を使って上に運ばれ、4階分の深さまで下へ延びる麓の貯水設備に流れ落ちる。貯水設備の特別な構造により、流れ落ちる大量の水による損傷を避けることが可能になっている。例えば、技術者らは防音の問題を完全に解決することに成功。ビルの中では水による騒音は聞こえない。

確かに、この人工の滝は費用が安くはない。電力にかかる費用は1時間当たり116ドルとなっている。そのため、水が流れる壁面を起動するのは祝日の時だけで、時間も僅か10~20分間だけだ。それにもかかわらず、摩天楼から流れ落ちる滝が町の新名所となって、貴陽市に新たな観光客を惹きつけることを市民は期待している。

中国 滝の流れる摩天楼出現【写真・動画】
中国南西部・貴陽市の中央ビジネス地区に、この夏、高さ121メートルの新たな高層オフィスビルが現れた。このビルは、ある1方向の壁面で高さ108メートルの人工の滝が流れ落ちるようになっている。

 

スゲ━━━━━━ヽ(゚Д゚)ノ━━━━━━!!!!

コメント