「正直、これがないと会社にいけないんですよ」 社畜の間で合法麻薬「咳止め薬」の乱用ひろがる

「正直、これがないと会社にいけないんですよ」 社畜の間で合法麻薬「咳止め薬」の乱用ひろがる

一日に700錠も…蔓延するせき止め薬「乱用」はなぜ、なくならないのか

「まっ白なうんこが出るんですよ。ブロンの糖衣って白いでしょ。一度に1瓶飲むと量もハンパないから、色が残っちゃうんでしょうね」

都内で面会した会社員の男性A氏(29)は、目の下のクマをこすりながらそう話す。ブロンとは、薬局で市販されているせき止め薬の商品名。けれど、彼はせきに悩まされているわけではない。

「1瓶飲むとけっこうキマる。だるさが吹き飛んで、やる気がでる。正直、これがないと会社に行けないんですよね。だからやめるなんて考えられない」

ブロンの有効成分であるリン酸ジヒドロコデインと塩酸メチルエフェドリン。前者はモルヒネに似た鎮痛作用があり、後者には覚せい剤に似た覚醒作用がある。もちろん麻薬と比べれば効き目は弱いが、大量に摂取すれば同様の影響があらわれる。A氏はブロンを飲むようになって3年、「月に4万円はブロンに費やす」という重度の市販薬乱用者だ。

麻薬や危険ドラッグの陰に隠れがちだが、A氏のような市販薬の乱用は数十年前から存在した。そして現在、問題は根絶されるどころか、ますます根深く社会に蔓延しようとしている。

インターネット上に乱立する体験談をつづったブログやまとめサイト。六本木などのクラブで「気持ちよくなれるクスリ」などといってブロンを配る若者。兆候はあちこちにある。しかし、法的な規制はおろか、警鐘を鳴らす声すら聞こえてこない。

「実態の把握がきわめて困難なためです」

そう語るのは国立精神・神経医療研究センターの松本俊彦医師。長年にわたり、麻薬を含む薬物依存の問題と向き合ってきた人物だ。

「2016年9月から10月にかけて全国の精神科医療施設における薬物関連精神障害患者の実態を調査しました。対象となった全2262人のうち、覚せい剤の使用経験があったのは1458人なのに対し、ブロンやパブロンゴールドをはじめとした市販薬の乱用は236人。一見すると少ないですが、これは氷山の一角にすぎない」

例えば覚せい剤などの場合、所持が発覚すれば逮捕されるし、使用を続ければ幻覚や妄想を抱いて生活が立ち行かなくなり、医療機関に運ばれることになる。統計に表れやすいのだ。

しかし、市販薬は乱用しても幻覚などが出づらく、また価格も麻薬に比べて安いため、生活が破たんしにくい。結果、乱用者は誰にも知られることなく摂取を続けることになる。まさに“見えない薬物汚染”である。松本医師は「水面下の使用者を含めれば、最も大規模な汚染かもしれない」と語る。

放置できる問題ではない。薬局に売っているという安心感からか、市販薬の乱用に陥る危機感は非常に低いが、その先に待つのは麻薬となんら変わらない地獄だ。

「市販薬にも依存性があります。徐々に飲む量が増えていき、ブロンの場合、1日に2瓶、約160錠を飲む乱用者はざらです。私が診察した最悪のケースでは、1日に700錠以上も飲んでいる患者がいました。これほど依存が進むと、いくら飲んでも倦怠(けんたい)感に包まれ、仕事にもいけず、人と会う意欲もなくなる。また、食欲もなくなり、やせ細っていきます」(前出の松本医師)

それだけでは終わらない。その先に待つのは「無動機症候群」だ。通常、私たちが「何かをしよう」と意欲を抱くとき、体内で生成されるドーパミンを脳が受容することによってそれが起きる。だが、薬物によって日常的に脳を刺激していると、脳が形態学的な変化を起こし、通常の量のドーパミンでは機能しなくなる。結果は、慢性的な虚脱状態、社会生活は無理だ。ここまで事態が進行すると、薬をやめても健康な状態に戻ることはない。

「かといって、ある程度依存が進んだ状態で薬をやめるのもまた地獄。特にブロンの禁断症状は、覚せい剤よりもつらいといわれます。だるくてしかたないけれど、焦燥感にかられ、横になっていることもできない。自分の肉体を恨めしく思うような、身の置き所がないようなつらさに延々とさいなまれるのです」(同前)

国は、どのような対策を講じているのか。取材に答えた厚生労働省の担当者の表情は険しい。

「乱用の恐れがある薬を一度に大量に購入しようとした場合、購入者に声掛けをするなど、販売者である薬局やドラッグストアに義務付けていますが、OTC医薬品(市販薬)は、消費者が選択をして購入するものなので、それでも法や制度で乱用を完全に防止することは難しいというのが実情です。厚生労働省の基本スタンスは、市販薬を飲む場合、定められた用法・用量を厳守してもらうよう指導することです」

確かに、ドラッグストアなどでブロンなどを一度に複数購入しようとすると、ほとんどの場合「そんなに必要ですか?」などと声をかけられる。厚生労働省の調査では、大量・頻繁購入者に応対した薬剤師の81.4%が「使用目的の確認」を行っているという。しかし、繁華街を歩けば短時間で複数のドラッグストアをはしごすることは容易だし、近年ではネット通販でも市販薬は購入できる。これでは抑止力にはならない。

「市販薬の乱用への対応の難しいところは、実態を把握することが困難なことです。全国民に『あなたは乱用者ですか?』と尋ねるのは不可能だし、本当のことを語るとは限らない。そもそも乱用とはどの程度薬を飲むことを指すのか、例えば生理痛がひどくて、つい用法・用量を超えて飲んでしまうことも乱用なのか、線引きも難しい」(厚生労働省の別の担当者)

乱用の恐れのある成分を禁止したり、医師の処方箋がなければ買えないようにしたりするのも現実的ではない。

「例えばブロンに含まれているリン酸ジヒドロコデインは確かに乱用の恐れがありますが、鎮咳薬として非常に有効な物質。これを禁止すれば薬としての体をなしません。また、すべての薬に処方箋が必要になれば、日中忙しくて病院にいけない人や深夜に急病した人が医療にアクセスすることが困難になる。そのため、国民の薬に対するリテラシーが向上するよう広報に努めることに厚生労働省としては力を入れています」(同前)

歯がゆい。厚生労働省の担当者たちの顔にはそんな感情がにじむ。

しかし、近年の厚生労働省の方針には問題があるとの指摘も聞こえてくる。前出の松本医師は語る。

「厚生労働省は、セルフメディケーションという名目で、これまで処方箋が必要だった薬を市販化に向けて動いています。おそらくは医療費削減が目的なのでしょうが、こうした施策が市販薬乱用の危機感を下げているのは事実です。一度、市販薬の販売について考え直す時期がきているのかもしれない」

ブロンを販売するエスエス製薬、そしてこちらも乱用される傾向にあるパブロンゴールドを販売する大正製薬にも、市販薬が乱用される現状をどう見ているのか尋ねた。

エスエス製薬の担当者は「本製品(ブロン)に関してこれまでも、一人一個販売をしていただくといったような対応をしてきました。定められた用法・用量に従ってご使用いただけるよう、引き続き薬局・薬店を通じて適正使用に関する情報提供に努めます」と回答。

大正製薬の担当者からは「医薬品メーカーとして、このようなことは許容できません。過剰摂取や適用外使用されている方から問い合わせや相談を受けた際は『即刻使用をおやめください』とお伝えするとともに、適用外使用情報として、厚生労働省に報告をしています」との回答が寄せられた。

「肝心なのは、市販薬を乱用するのがどんな人々で、何が目的なのかを知ることです。多くはうつ病を患っていたり、トラウマがあったり、自殺のリスクが高い人々。他人に対する不信感があり、社会で一歩前に進むことができない彼らが、多少なりとも折り合いをつけ、働くために薬を使っているケースが少なくないのです」(前出の松本医師)

そんな彼らは「多少健康に悪くても、社会で活躍するためにやっているんだから、何がいけないの?」という発想に陥りがちだという。周囲の人間がやめさせようとしても簡単には受け入れない。

「私の経験上もっとも効果的なのは、家族が政令指定都市などにある精神保健福祉センターに相談にいくこと。心の問題に特化した保健所のような機関です。もちろん、相談するだけで事態がすぐに好転するわけではありません。しかし、不思議なのですが、家族がそうした取り組みを続けていると、乱用者本人もだんだん問題意識を持ち始め、治療を受けたり、使用量を減らそうとチャレンジしたりするようになります」(同前)

周囲が正しい知識をもち、寄り添う姿勢を示すことが肝要だ。

一日に700錠も…蔓延するせき止め薬「乱用」はなぜ、なくならないのか 〈dot.〉
「まっ白なうんこが出るんですよ。ブロンの糖衣って白いでしょ。一度に1瓶飲むと量もハンパないから、色が残っちゃうんでしょうね」 都内で面会した会社員の男性A氏(29)は、目の下のクマをこすりながらそう話...

 

(´・∀・`)ヘー、、知らんかった

コメント