22歳の男性、自分のベストが防刃だと誤解し、自らを刺して死亡

22歳の男性、自分のベストが防刃だと誤解し、自らを刺して死亡

友人たちとの楽しい夜の終わりに、ジョーダン・イーストンはナイフを掴んだ。自分の上着が防刃だということを示すためだったが、「不幸にもそれは事実ではなかった」と、検死官。

あるイギリス人男性が、友人たちと楽しい夜を過ごした後、自らを刺して死亡した。彼の死を調査するためにあった死因審問によると、イーストンが自分の着ている上着が防刃だと誤って信じていたためだという。

イングランド北東部のミドルズブラ近く、ソーナビーに住むジョーダン・イーストン(22)は、2017年8月に死亡した。彼はその夜の終わりに友人の家の台所で、自分の胸を自ら刺したのだ。地元紙『Teesside Gazette』が土曜にそう報じた。

「台所にいた時、彼はナイフを手にして、(自分の上着が)防刃だと証明しようとしたのです。しかし、不幸にも、それが事実ではないことがわかったのです」

ティーズサイドの検死官補、カリン・ウェルシュは、この若者の死についての審理の場でそう述べた。

彼は地元の病院に運ばれたが、この刺し傷が原因で死亡した。

検死官は、イーストンの死は予期せぬ成り行きから死に至った「偶発事故死」である、と公式に裁定した。

「それがジョーダンに生じた事態だということは明らかだと思われます」そう彼女は言う。

『Teesside Gazette』は、クリーブランド警察の刑事局長テッド・バッチャートとの取材で、イーストンは「羽目を外した行為」の後に死亡した、と報じている。

BuzzFeed Newsはクリーブランド警察とティーズサイド検死法廷に対し、事故のあった土曜日に関する情報の提供を依頼したが、それに対する両者からの返答はなかった。

報道によると、イーストンの母親、アリソン・プライスは取り調べに対し、自分の息子があえて自らを刺すとは信じがたい、と語ったという。

「虚勢を張って仲間の前で注目を浴びようとしていたのなら、まだありえるんです。でも、母親と若い女の子がいる場だったので、息子の性格からは考えられません」と彼女は言う。「受け入れられません」

彼の死亡状況は、8月に初めて報じられた時には公になっていなかった。

「まさにひどい事故で、彼の家族をさらに打ちのめしたことは間違いありません」友人の1人が当時、『Teesside Gazette』にそう語っている。

「ジョーダンみたいな人は他にいません。彼は素晴らしい心の持ち主で、今もすごく愛されていて、寂しいです」

一般的に、防刃の防護服は、織り目の詰まった合成素材「ケブラー」から作られている。パーカーなどの衣類にケブラーの裏地を付けて、ナイフによる攻撃に耐えられるようにしたものを販売している企業もある。

22歳の男性、自分のベストが防刃だと誤解し、自らを刺して死亡(BuzzFeed Japan) - Yahoo!ニュース
友人たちとの楽しい夜の終わりに、ジョーダン・イーストンはナイフを掴んだ。自分の上 - Yahoo!ニュース(BuzzFeed Japan)

 

ひえっ…(;´Д`)

コメント