農家の爺さん、突進してきたイノシシをハンマーで撲殺 岐阜

農家の爺さん、突進してきたイノシシをハンマーで撲殺 岐阜

突進するイノシシをハンマーで撃退 岐阜 可児

27日、岐阜県可児市の畑で、農家の男性がイノシシの侵入を防ぐ柵を設置していたところ、突然、現れたイノシシに襲われました。男性は、ちょうど手に持っていたくい打ち用のハンマーで応戦し、難を逃れたということです。
27日午前9時半ごろ、岐阜県可児市矢戸で、農業の仙田和久さん(61)が畑にイノシシが入らないよう柵を設置していたところ、突然イノシシが現れ、突進してきました。

仙田さんはちょうど、手にくい打ちのためのハンマーを持っていて、向かってくるイノシシにとっさに振り下ろしたところ、額に当たり、イノシシは死んだということです。

イノシシは、体長がおよそ1メートル80センチと大きく、7歳から8歳くらいだということです。仙田さんは「突然、山のほうからイノシシが突進してきた。逃げようにも体が動かず、持っていたハンマーを振り下ろした。反動で後ろに倒れ、少し腰が痛いが大丈夫」と話していました。

エラー|NHK NEWS WEB

かなりデカいな(;・∀・)このサイズのイノシシが突進してきたらかなり危険

コメント