sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

ロシアの自殺ゲーム「Blue Whale」で130人以上の少年少女らが死亡

   

ロシアの自殺ゲーム「Blue Whale」で130人以上の少年少女らが死亡 ロシアの自殺ゲーム「Blue Whale」で130人以上の少年少女らが死亡

ロシアの自殺グループが作った遊び「Blue Whale」で130人以上の少年少女らが死亡! 残酷なルールも判明

ロシアで発生した14歳~16歳少女らの自殺にSNS上で横行する「自殺グループ」が関与していることが判明した。この他にも130件以上の未成年の自殺にかかわっている可能性まで浮上し、大きなニュースになっている。

英紙「Daily Mail」によると、自殺した2人の生徒はユーリア・コンスタンチノヴア(15)と、友人のヴェロニカ・ヴォルコヴァ(16)。2人とも今月26日にロシアのウスチ・イリムスクのアパートから投身自殺した。25日にも14歳の少女が電車に飛び込み死亡、27日にも15歳の少女がクラスノヤルスクのアパートから飛び降り、瀕死の重傷を負ったそうだ。

ロシア州警察の調査によると、少女らはロシア最大のSNSサイト「VKontakte(通称:VK)」内で、「自殺グループ」に参加していたことが分かったという。参加少女らはグループの管理者から「自殺ゲーム」と称されるいくつかの“課題”を与えられ、それを実行したそうだ。2015年12月~2016年4月の間に「自殺グループ」が関与した未成年の自殺は130件にものぼるとみられている。具体的な課題の内容はソースによってまちまちだが、概ね以下のようなものだったという。

・手に特定の言葉を刻みつける
・飛び降りに適した高いビルを見つける
・ナイフや剃刀を使い、手首や脚に「クジラ」を描く
・毎日、ホラー映画を見る
・指定された音楽のみを聴く(オンライン掲示板によると、その1つがロシア人ミュージシャンWOODJUの「VACUUM」)
・深夜4時20分に起きる
・50日目(30日目)に死ぬ

「Blue Whale(ブルー・ウェール)」と呼ばれるこのゲームは、シロナガスクジラ(Blue Whale)が自ら陸に乗り上げ“自殺”することから名付けられたといわれている。ロシアを中心に広がりを見せ、現在はカザフスタンやキルギスタンなど中央アジアにも進出しているそうだ。東欧メディア「Balcan Insight」によると、事態を重くみた「ブルガリア・インターネット安全センター(Bulgaria’s Centre for Safe Internet)」は、ブルガリア中の親に注意を促したという。

■犯人は複数、模倣犯も?

実は昨年、8つの「自殺グループ」を運営していたと思しきフィリップ・ブデイキン(21)が逮捕されている。ブデイキンは未成年らに、最高の物事はSから始まるsemiya(家族)、Saturday、sex、suicideだと教え、「あとどれだけの退屈な日々をこうやって過ごすつもりだ?」と問いかけるなど、彼らの存在を巧妙に否定し、分かっているだけで15人に自殺するよう指示。うち10人が実際に自殺したという。ブデイキン逮捕後には、一時的に未成年の自殺者は減少したそうだ。

しかし、今になって再び自殺者が増加した理由は定かではないという。模倣犯による犯行も考えられるが、いずれにしろ「犯人は心理学に精通しており、思春期の少年少女を巧み操っている。少女には自分が“太っている”と信じ込ませ、少年には自分が“負け犬”だと信じ込ませる。そこで、この世界とは違う世界があると教え、彼らは別世界に行くことができる選ばれた人間だと納得させる」と、ロシア紙「ノーヴァヤ・ガゼータ」が報じている。

ネット上の誹謗中傷で傷つき自ら命を絶つ痛ましい事件は後を絶たないが、今回の事件はそれとは随分と毛色が違う。見ず知らずの人間が会うこともなく、言葉だけで人を操り、殺すことまでできるとは恐ろしいことで、まるで浦沢直樹のアニメ『モンスター』に出てくるヨハンそのものだ。

まだ、ロシアと中央アジア以外での被害は報告されていないが、類似した自殺グループは世界中のSNS上にすでに存在しているかもしれない。10代のお子さんをもつ読者は気をつけておいた方が良いだろう。

http://tocana.jp/2017/03/post_12487_entry.html

おそロシア…(;゚Д゚)

関連コンテンツ ユニット



 - ニュース, ネット