【サッカー】香川真司、デビュー戦でわずか3分間で2得点し海外で大絶賛!!「驚くべきデビュー」「カガワ旋風だ!」「スターとして輝く」

ベシクタシュデビュー戦で2ゴールを記録したMF香川真司を各国のメディアが大きく報じている。

先月31日、ボルシア・ドルトムントからレンタルでベシクタシュ移籍が決まった香川は現地時間3日に行われたトルコリーグ第20節アンタルヤスポル線にメンバー入りした。4-1でリードした81分にピッチに入った香川は16秒後には移籍後初ゴールを記録、さらに3分後には2点目を決め衝撃のデビューを飾った。

試合後、トルコメディア『ヒュッリイェト』は「カガワ、ファーストタッチでベシクタシュの大勝に貢献」と題しリーグ戦3位浮上のベシクタシュは首位バシャクシェヒルと2位ガラタサライを追撃できると報じている。

同じくトルコメディア『ファナティック』は「黒と白のユニフォームに袖を通したカガワがベシクタシュファンを魅了した」と2ゴールを挙げた29歳を大きく取り上げた。

また仏メディア『Maxifoot』は「ベシクタシュのカガワ、驚くべきデビュー」と報じれば、『レキップ』は3分で2得点した香川を「ベシクタシュ最初の試合で2発」とこちらも大きく報道した。

さらに独誌『キッカー』が「3分で2ゴール、カガワはジョーカーとして夢のようなデビューを飾った」と伝えれば、ドイツ版『onefootball』も「ジョーカーで2ゴール。ベシクタシュで素晴らしいデビューを飾ったカガワ」と見出しを付け「ひょっとしたらベシクタシュはシンジ・カガワと一緒に幸運を掴むかもしれない」と今後の活躍に期待している。

2/4(月) 4:08配信 フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190204-00308144-footballc-socc

わずか3分間で2ゴールという華々しいデビューを飾った香川。当然、地元メディアでも“カガワ・フィーバー”が起きている。

トルコ全国紙『Milliyet』が、「シンジ・カガワがスターとしての輝きを放った」と絶賛すれば、トルコ・メディアの『Gozlem』は、「シンジ・カガワ旋風! ベジクタシュが獲得した日本人のニュースターは、猛烈な勢いで信じられないほどのゴールを決めた」と褒めちぎった。

極めつけは、トルコ紙の『Fanatik』だ。「ベジクタシュでの素晴らしいスタートだ」と香川のデビュー戦の内容を絶賛した同紙は、次のように綴っている。

「ベジクタシュは、勝者とサインを交わしたようだ。彼らのニュースターであるシンジ・カガワは、ピッチに投入されてからわずか15秒足らずで挨拶代わりのゴールを決めた。これは今後、長い歴史において破られることないスタートだろう」

これ以上ない圧巻のデビューを飾った香川。9日に行なわれる次節のブルサスポル戦はホームゲームだけに、大きな歓迎を受けることになりそうだ。

2/4(月) 5:01配信 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190204-00053809-sdigestw-socc

 

sakamobi
sakamobi

やったぜ!😎👍👍👍

コメント