sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

週刊文春、次号でベッキー絶望の最終兵器を投入 「タレント生命を左右する」

   

週刊文春、次号でベッキー絶望の最終兵器を投入 「タレント生命を左右する」

井上公造氏、意味深予告…ベッキー騒動「終わらない。タレント人生左右する出来事が今週起きる」

タレント・ベッキー(32)の芸能界復帰問題について、芸能リポーターの井上公造氏(59)は16日、日本テレビ系情報番組「ミヤネ屋」(月~金曜・後1時55分)に出演し、今週木曜日発売の「週刊文春」で新たなネタが出る可能性があることを指摘し「騒動は終わりじゃない。今後のタレント人生を左右する出来事が今週、起きると思う」とぶち上げた。

井上氏は、13日にTBS系「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」(金曜・後8時57分)の放送にふれ、ベッキーの本音を聞き出したSMAP中居正広(43)のトークぶりに「刑事の取り調べみたい」と評価した。その一方で、騒動は終わりではないと“予告”。一連の騒動の発端となった週刊文春を取り上げ「この事件は文春で始まり、文春で終わる。文春サイドは駒をまだ持っている」とし、週刊文春が「ゲスの極み乙女。」川谷絵音の元夫人とベッキーが会っていることを知っていることを重視し「この間の金曜の放送も含めて、奥様の本音みたいな部分も全部ここ(次号)に載ってくる」と最新号を注視する構えを見せた。

今後のベッキーの振るまいについて井上氏は「どこかで復帰するとかは決まっていない。簡単なあいさつでもいい、囲みは無理かもしれないけど、ちょっとした質問でも受け付けた方がいい」と会見を開くようアドバイスを送っていた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160516-00000074-sph-ent

ここからさらにダメージ与えるネタって「実はまだ続いてた」くらいしかなくね?(;・∀・)

 - ニュース, 芸能