sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

ベッキー、実家担保に借金

   

ベッキー、実家担保に借金 億単位のCM損害金 半額は個人で支払いか

ベッキー、実家担保に借金 億単位のCM損害金 半額は個人で支払いか

バンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル、川谷絵音(27)との不倫騒動勃発から4カ月以上。ついにタレントのベッキー(32)が、バラエティー番組でテレビ復帰を果たした。だが、出演するCM10本を失った影響はあまりにも大きかった。億単位ともいわれる損害金を支払うためか、神奈川県内の実家を担保に多額の借金をしていたのだ。最悪の場合、ベッキーは住み慣れたマイホームまで手放すことになりかねない。

私鉄の駅から歩くこと約10分。一戸建てが広がる住宅街の角に、ベッキーの本名である英国人の父親の姓が示された実家はある。騒動以降、ベッキーはここで謹慎生活を送っていたとみられ、やじ馬が記念撮影にやってくることもあった。

登記簿によれば、敷地面積は約350平方メートル。現地の不動産関係者は「土地だけで1億円は下らない」とその資産価値を分析する。

だが、その登記簿には現在、見逃せない情報が追加されていた。今月11日、その土地と鉄筋コンクリート造りの2階建ての家を担保に極度額7000万円の根抵当権が設定されたのだ。債務者の欄には土地、家屋の所有者であるベッキーの実母の名前が記載されている。

13日放送のTBS系バラエティー「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」で104日ぶりのテレビ復帰を果たしたものの、イメージ回復への道のりは不透明を極めるベッキー。CM打ち切りなどで発生した損害額は5億円ともされ、一部では事務所と折半すると報じられている。

2・5億円を個人で支払う-。いくら人気タレントと言えども、そうやすやすと払える額ではない。

実家を担保に設定された「根抵当権」について、先の不動産関係者は「抵当権と違って極度額の範囲内であれば、(原則)何度でもお金を借りることができる。いちいち、手続きを経る煩わしさがないため、通常であれば商売人の運転資金として使われるような性質のものだ」と話す。

騒動の火付け役となった「週刊文春」は19日発売号で、川谷の元妻への謝罪が済まないうちにベッキーがテレビ収録に臨んでいたことから、所属事務所に「抗議文」を送ったという新たな「爆弾」を投下。元妻の代理人は「彼女が衝撃を受けたのは事実だが、素直な心情を書いたもので抗議文ではない」と説明し、騒動の終焉を宣言。

実家の近所の住人によれば、家は母親が結婚する前から家族と住んでいた。ベッキーを含めると3世代がここで生活をしていることになる。しかし、視聴者の拒否反応が続き、仕事に恵まれないことで返済が滞るようであれば、ベッキー一家がこの地を去ることも現実味を帯びてくる。

夕刊フジは22日、実家を訪ね、庭先で作業をしていた父親に声をかけたが、「話はしません」と流ちょうな日本語で取材を拒否された。

本人のみならず家族も巻き込まれる結果となれば、さすがに酷な気もするが…。

http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20160524/enn1605241140003-n1.htm

これについてゲスの極み乙女。のボーカル、川谷絵音さんは「両成敗?なんすかそれ」と言っているとかいないとか(;・∀・)

 - ニュース, 芸能