人気BBQスポット、有料化したら観光客が来なくなって閑古鳥…地元商店ら困惑、住民は歓迎

スポンサーリンク

人気BBQスポット、一部有料化でGWの利用激減…トラブル減り住民は歓迎・業者は困惑

スポンサーリンク

大型連休前から実験的に一部エリアを有料化している埼玉県飯能市の人気レジャースポット「飯能河原」の利用が激減している。1人あたり1000円を徴収する有料スペースの利用者は、連休中も定員(50枠=300人)に満たない。バーベキューのゴミの放置や騒音などの迷惑行為に悩んでいた地域住民からは歓迎の声がある一方、周囲の店からは「商売をやっていけるのか」と、不安の声も聞かれる。

スポンサーリンク

連休終盤の7日。利用が最も多くなる正午の時点でも、バーベキューが認められている有料スペース(約3500平方メートル)にいたのは30人程度。使われていたのは8枠だけだった。有料スペースを案内する男性は、「有料化の効果が効き過ぎなのか……。思った以上にお客さんが少ない」と、困惑顔だった。

例年なら多い日に1200人以上もの人出があるが、この連休中の有料スペースの利用は定員に満たない日が続く。渋滞やバーベキューの煙に困ったことがあるという近くの男性住民は「今年は驚くぐらい静か。トラブルもなく、住民としてはありがたい」と話す。

スポンサーリンク

一部有料化は、市と奥むさし飯能観光協会、河川管理者の県が4月21日、利用マナー順守などを主な目的に始めた実証実験だ。利用料の収益は環境保全の費用や人件費などに充てる。

しかし、利用は事前予約制で、予約の可否がわかるのが申請の3、4日後という仕組み。利用者にとっては使い勝手がいまひとつのようだ。7日も、近くにある民間のバーベキュー場では来場者がみられる一方、飯能河原はコーンで隔てられた無料スペースにも人の姿がほとんどなかった。関係者は「飯能河原全体が『予約がないと遊べない』と認識されているのかもしれない」とみる。

スポンサーリンク

影響を直接受けているのは、バーベキューセットの貸し出しや軽食提供などをする近隣の業者だ。ある経営者は「コロナ禍で苦しみ、ようやく連休でお客さんが戻ってくると期待していたのに、例年の半分以下。有料化については何も言えないが、店を続けていけるのか不安だ」と肩を落とす。

実証実験は8日まで。県や市は利用者数をまとめたうえで有料化の効果を分析し、今後の方針を決めるとしている。

人気BBQスポット、一部有料化でGWの利用激減…トラブル減り住民は歓迎・業者は困惑(読売新聞オンライン) - Yahoo!ニュース
 大型連休前から実験的に一部エリアを有料化している埼玉県飯能市の人気レジャースポット「飯能河原」の利用が激減している。1人あたり1000円を徴収する有料スペースの利用者は、連休中も定員(50枠=30
スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

一枠1000円ならまあいいかと思うが一人1000円はさすがに高いと感じるだろう。でも地元住民は歓迎しているんだから後は地元商店側がどのような営業努力をするかだわな🤔🤔🤔

コメント