スリムクラブと暴力団を仲介した芸人バンドー太郎会見 経緯説明

仲介のバンドー太郎が謝罪 闇営業問題で初の会見

お笑いコンビ「スリムクラブ」や「2700」が暴力団幹部の会合で“闇営業”して無期限謹慎処分となった問題で、仲介役として名前が浮上したモノマネ芸人のバンドー太郎(48)が30日夜、東京都内で緊急の謝罪会見を開いた。今回の闇営業問題で関係した芸人が会見したのは初めて。

スリムクラブらの所属事務所である吉本興業を通さない闇営業を行った事実は認め、受け取ったギャラが30万円でスリムクラブと2700に10万円ずつ渡したことも明かした。一方で仲介した相手が反社会的勢力だったことは「知らなかった」と繰り返し、反社とのつながりも強く否定した。

スーツにネクタイ姿で会場に現れたバンドーは「最初に謝罪したい」と冒頭で用意してきた文書を読み上げ「私の安易な考えでこのようなことをして大変なご迷惑をかけてしまい、申し訳ありませんでした」と何度も深々と頭を下げた。

スリムクラブとは2~3年前に営業の仕事で知り合い、終了後の食事の会話中にスリムクラブ側から「何かお仕事があったらください」と切り出され、バンドーが「(事務所を通さない)直接は大丈夫なの?」と尋ねると、「はい」との返答があったという。別の営業現場で2700とも同じような会話を交わしたことも明かした。

問題の会合は、イベント出演で3回仕事をした建設会社の社長から「飲食店を数店舗経営している実の兄の誕生日パーティーをしたいので盛り上げてくれないか」と頼まれたのがきっかけで、スリムクラブらを誘った。この兄が暴力団幹部とみられるが「初対面で、一般の方と変わらない普通の身なり。周囲の方からも反社会的勢力の方とは言われなかった」ため気付かなかったという。

バンドーは芸人になる前は建築会社の現場監督や設備関係の仕事もしていたが「これまでいっさい反社会的勢力とは接点がない」と強調。今回の件でスリムクラブらも「自分が知らないので、相手が反社会的勢力だと知らないのが事実。なるべく早く復活してほしい」と話した。

松山千春のモノマネなどで知られるバンドーはフリーで活動。今回の影響で仕事のキャンセルが数件発生していることも明かし「松山千春さんも怒っていると思う。少し仕事は控えたい」と大汗をかきながら反省の言葉を繰り返した。

◆スリムクラブらの闇営業
28日発売の「フライデー」が、2016年8月ごろにスリムクラブが暴力団幹部の誕生会に参加し闇営業を行ったと報じた。これを受け、所属の吉本興業は27日、スリムクラブの真栄田賢(43)と内間政成(43)を無期限謹慎処分にしたと発表。「2700」の八十島宏行(35)と常道裕史(36)も同じ誕生会に加わったとして無期限謹慎処分となった。2700は24日に「雨上がり決死隊」の宮迫博之(49)らとともに「当面の間、謹慎処分」となっていたが、より重い処分を科された。

https://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/entertainment/news/CK2019070102000163.html

sakamobi
sakamobi

なんでこんな雑魚に会見させて宮迫は出てこんの?😤😤😤

コメント