sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

バレエ女性講師(24)の指をノミで切断した疑い、生徒の男(41)を逮捕

   

バレエ女性講師(24)の指をノミで切断した疑い、生徒の男(41)を逮捕

バレエ女性講師の指切断容疑、元生徒の男を逮捕

東京・渋谷のバレエ教室で講師の女性の親指を工具で切断したとして、生徒だった男が警視庁に逮捕されました。バレエ教室の経営者は女性と男とのトラブルについて警察に相談していたということです。
「女性の指をノミで切った」
6日午前8時半過ぎ、男の声で入った110番通報。これは、事件発生直後の現場の写真です。パトカーなどが相次いで到着し、警察官や救急隊員が慌しく動き回っています。事件が起きたのはJR渋谷駅から徒歩5分のバレエ教室。警察官が駆けつけたところ、バレエ講師をしている24歳の女性が右手の親指を付け根から切断されているのが見つかりました。
警視庁は、その場にいた住所不定・無職の橋本浩明容疑者(41)を女性の親指を切断した傷害の疑いで現行犯逮捕しました。
「パトカーに乗せられて行った。すごく体つきが良かったので、格闘技とか、やっている方なのかなと」(目撃した人)
犯行に使われたのは「金づち」と金属などを加工する工具「たがね」で、歯の幅はおよそ7.5センチでした。
「橋本容疑者は凶器のたがねを先月頃に購入し、けさ(6日朝)、こちらのバレエ教室を訪れたということです」(記者)
バレエ教室の間取りです。女性はレッスンの準備中にスタジオの入り口近くで橋本容疑者に襲われたとみられています。当時、女性は1人で橋本容疑者は「何で俺が怒っているか分かっているのか」と言って、もみ合いになったということです。
「きょう(6日)は9時20分から朝のクラスやっていたはず。どうしていいか分からない。生徒さんと先生が心配」(同じバレエ教室の講師)
橋本容疑者は「水曜日のレッスンに通っていたので、8時半に女性がスタジオを開けるのを知っていた」と供述。女性は襲われた際の状況について「髪を引っ張られて首を絞められ、馬乗りになられて気絶した」「気がついたら指を切断されていた」と話しているということです。
なぜ事件は起きたのでしょうか。橋本容疑者は、おととし11月ごろに、このバレエ教室に入会。この教室は「男性に優しいバレエ教室」をうたっていて、以前取材した同じ系列のバレエ教室では多くの男性がレッスンを受けていました。しかし、橋本容疑者は何らかの原因で女性とトラブルになり、教室側が去年10月1日付けで、退会させたということです。
「去年8月、ダンスの練習の日程を教えてくれなかったり、練習への参加を拒否されたりする嫌がらせを受けて恨みに思った。悶々ときょうまで思いつめた。抑えようと思ったが、抑えきれなかった。最初は小指を切るつもりだったが、薬指も切れてしまうので親指にした」(橋本容疑者の供述)
このように供述し、容疑を認めているという橋本容疑者。一体どんな人物なのでしょうか。
「住んでいた人は1人です。3時40分ぐらいに自転車で出て行く」(橋本容疑者の以前の隣人)
「朝、帰ってくる?」(記者)
「朝方、自転車が置いてあるから。近所づきあいは一切ありません」(橋本容疑者の以前の隣人)
「仕事は聞いているかぎり整体師。最後の退去時のときだけが、いきなり消えた。連絡先が分からなくなった」(橋本容疑者が以前住んでいた家のオーナー)
橋本容疑者とバレエ講師の女性とのトラブルについて、バレエ教室の経営者が去年12月、神奈川県警に相談していたということで、警視庁が詳しい経緯や動機を調べています。

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2814488.html

ひどい事件だな…(;´Д`)

 - ニュース, ネット