【画像】男性の睾丸を狙って噛み付く魚「ボールカッター」が漁師2人の睾丸を噛みちぎる

男性の睾丸を狙って噛みつく魚「ボールカッター(パクー)」がスウェーデンで発見され、厳重注意が呼びかけられる

南米原産のピラニアの仲間、パクーがスウェーデン南部、デンマークとの国境を隔てるエーレスンド海峡沖で発見された。全長21㎝ほどのこの魚、漁師のかけた網にかかっていた。パクーは男性器を噛み切ることから別名「ボールカッター」、もしくは「ボール・バスター」と呼ばれ現地では非常に恐れられている。

南米原産で淡水魚のパクーが、なぜ海水で温度の低い北欧の海で見つかったのかは不明である。一般的に外来種は、アマチュア飼育者や養殖業者が持ち込むケースが多いとされており、今後専門家らが遺伝子などを詳しく調べる予定だそうだ。

パクーは成長すると体長約1メートル、重さ25キロに達する比較的大きな魚だ。雑食性で木の実、水生植物、葉、カタツムリのほか、他の魚を食べるものもある。歯は丈夫でまるで人間の歯のようだ。この頑丈な歯で好物の木の実もかみつぶして食べるそうだ。男性の睾丸が木の実に似ていることから、間違えて食べようとするとみられている。

パクーはアマゾン川流域のほか、米国の湖沼、パプアニューギニアの河川などでも生息が確認されている。パプアニューギニアでは、2011年12月、裸で川にいた男性漁師2人がパクーに睾丸をかみ切られ、大量出血して死亡するという事故が発生した。体を洗うため、衣服を着用せずに川に入る習慣がある同地では、パクーに男性器をかみ切られる被害が相次いでいるという。

パクーは現地では食用とされている。味は淡泊でニジマスやナマズなどに似ているそうだ。

2012年6月には北米のイリノイ州の湖でも発見されて大騒ぎになった。米国ではイリノイのほか、ニューヨークやテキサスなど多くの州の湖沼でもすでに確認されており、世界各地に生息域が広がっているとみられる。
パクーは本来暖かいところに住む淡水魚なのだが、ここ最近の夏の気温上昇などにより、生息域が拡大しているとみられている。今回、比較的涼しい北欧で発見されたことから、日本にもすでに潜んでいる可能性が懸念されている。

ということで、川や海に入る場合には、パンツを脱いだら別の意味で危険性が潜んでいるということを肝に銘じておくことにしよう。ボールバスターがあなたのご子息を狙っているよ。

追記記事:

このニュースを受け、デンマークの生物学者にインタビューが行われたそうだ。それによると、パクーが男性の局部にパクーがかみつくという話は迷信で、おそらく事実ですらないだろうとのこと。もし局部を全開にした状態で遭遇してもパクーの方が人間を怖がって逃げていくとのこと。via:nationalgeographic

でも昨年、パプアニューギニアでパクーに局部を噛まれて死亡したというニュースもあったわけだが、(関連記事)、そこんところはどうなのだろう?いろいろ気になる。だれか検証実験をしに生息地に旅してくれたりしないかな?

http://karapaia.com/archives/52136737.html

 

 

sakamobi
sakamobi

>男性の睾丸が木の実に似ていることから、間違えて食べようとするとみられている。

 

確かに…似ている(;´Д`)

 

コメント