【悲報】最近の若者「『鬼滅の刃・イカゲーム』倍速で見ました」「会話シーンは飛ばす」

スポンサーリンク

『鬼滅の刃』『イカゲーム』も早送り…大学生が「倍速視聴」をする理由

スポンサーリンク

民間調査では「20代の半数近く」が倍速視聴経験者
映画やドラマなどの動画を初見で「倍速視聴」「10秒飛ばし」する習慣が広がっている。倍速視聴とは動画を1.5倍速、2倍速といった早送りで観ること。10秒飛ばしとは、冗長なシーンを文字通り飛ばす目的で10秒後にスキップすること。いずれも時短視聴ニーズを叶えるもので、各種の定額制動画配信サービスほか、YouTubeやABEMAといった無料動画配信メディアの多くにも実装されている機能だ。

スポンサーリンク

筆者は2021年3月、「『映画を早送りで観る人たち』の出現が示す、恐ろしい未来」という記事を執筆し、倍速視聴と10秒飛ばしの背景として、【1】配信サービスの出現によって安価に観られる作品が増えたこと、【2】コスパ(コストパフォーマンス)を求める人が増えたこと、【3】セリフですべてを説明する映像作品が増えたこと――の3点を挙げた。同記事には大きな反響があったため、その後6本の深掘り記事を執筆。肯定派・容認派・反対派にそれぞれによる活発な議論を喚起した。

スポンサーリンク

倍速視聴と10秒飛ばしは年齢が若ければ若いほど習慣化されている。マーケティング・リサーチ会社のクロス・マーケティングが2021年3月に発表した「動画の倍速視聴に関する調査」によれば、20代から60代の男女全体で倍速視聴の経験がある人は34.4%、その中では20代男性が最も多く54.5%、次に多かったのは20代女性の43.3%。20代全体では、49.1%が倍速視聴経験者だった。

若者はなぜ、倍速視聴と10秒飛ばしを行うのか。その理由を探るべく、筆者は2021年12月、青山学院大学に在籍する2年生から4年生を対象にアンケートを実施した(※)。本記事ではその集計結果と彼らの視聴実態をリポートする。

スポンサーリンク

青学生の「9割近く」が倍速視聴経験者
アンケートの結果によると、倍速視聴を「よくする」「ときどきする」は66.5%、3人に2人は普段から動画を早送りで観ている。「あまりしない」も含めれば87.6%、実に9割近くが倍速視聴経験者だ。

先のクロス・マーケティングの調査では「20代全体の49.1%が倍速視聴経験者」だったので、それよりもかなり高い。青学のアンケート回答者(2~4年生)はおおむね20歳前後、つまり「20代全体」の下限なので、「年齢が若いほど倍速視聴経験率が高い」傾向はありそうだ。

スポンサーリンク

では、彼らはどんな動画を早送りしているのか。最も多いのは大学などの講義動画である。コロナ禍でリモート授業が増える中、録画型のオンデマンド授業は容赦なく早送りされる。その理由は「効率的に授業を受けられるから」が多かったが、「その方が集中して聞けるので、頭に入る」というものもあった。

実は大学教授には早口の人が多く、授業もかなりスピード感がある。それでも学生たちが早送りをするのは、彼らが“生身の人間が話す速度”にイライラするためかもしれない。早送りに慣れた大学生たちは、実際に人間が喋る速度にまだるっこしさを感じる。そのギャップを倍速視聴が埋めるのだ。

スポンサーリンク

YouTuberによる企画動画も倍速視聴の定番だ。動画の中には、冒頭に「この動画は倍速でも視聴できます」といった断りを入れているものもある。

それゆえ、倍速視聴するメディアもYouTubeが圧倒的。YouTubeは倍速視聴との親和性が非常に高い。Netflix、TVer、ABEMAといった動画配信サーピスがこれに続く。なお、Amazonプライム・ビデオは倍速再生機能を公式に実装していないので、選択肢からは除外した。

スポンサーリンク

『鬼滅の刃』『イカゲーム』も時短で観る
講義や企画動画とは違う“物語コンテンツ”である連続ドラマ、映画、アニメシリーズなども、コンスタントに倍速視聴されている。話題の連続ドラマをいち早く押さえて友達との会話についていきたいが、視聴する時間がない。そんなときに倍速視聴が重宝される。

「あるドラマが周囲で盛り上がっていたので観始めたが、あまり面白いとは思えなかった。とはいえ大まかなストーリーだけはなぞっておきたかったので、倍速で最後まで観た。内容のみを頭に入れておきたいとき、早送りの方が時間効率が良いので適していると思う」

スポンサーリンク

「周囲で話題になっている映画があったが、もともと興味のないジャンルの作品だったので倍速で視聴した。興味がないなら観なくてもいいと言われるかもしれないが、人付き合いの関係上、最低限の流行はおさえておく必要があるので仕方がない」

ただ、一口に倍速視聴と言っても、頭から終わりまでを丸々早送りするとは限らない。1本の作品内で、倍速と等速(通常スピードでの再生)を頻繁にスイッチしながら観る人も多い。

「あらかじめ作品のレビューを読んでおき、好きな俳優が出演しているシーンや評価の高いシーンだけを等速で観て、その他は倍速で観る」

スポンサーリンク

「苦手な登場人物、興味のない登場人物、喋るのが遅い登場人物のシーンは倍速にする」

「Netflixの社会派作品を好んで観るが、興味があるのは社会的なメッセージであって表現方法ではないので、会話シーンは飛ばす。表現を楽しみたいのは、スタジオジブリ作品やいわゆる“名作”と呼ばれている映画」

倍速視聴した作品としてよく挙がっていたのが、アニメ『鬼滅の刃』(第一期・全26話、及び劇場版『無限列車編』)と、韓国ドラマ『イカゲーム』。『鬼滅の刃』については「原作コミックを読んでストーリーは全部知っていたので、原作の面白い部分だけを等速で観て、他は倍速で観た」「劇場版を途中まで観たが、あまり面白くなかったので、残りを最後まで倍速で観た」など。ここでも倍速と等速が使い分けられている。

スポンサーリンク

『イカゲーム』の場合、倍速視聴のみならず“話(わ)ごと飛ばし”した学生もいた。「第1話から観始めたが、デスゲームものとしてはわりとよくある内容で、なんとなく話の流れはわかったので、3話まで観たところでそれ以降の話を飛ばし、いきなり最終話(第9話)を観た」

話ごと飛ばしは、それほど珍しい習慣ではない。筆者がヒアリングした別の大学の女子学生も、韓国ドラマ『愛の不時着』(全16話)を「早く結末を知りたかった」という理由で途中話を飛ばし、いきなり最終話を観ていた。ただ彼女の場合、最終話で結末を知って満足したので、改めて第1話から「2周目」を1話ずつじっくり堪能したという。

スポンサーリンク

「10秒飛ばし」は倍速視聴以上に習慣化
倍速視聴と併用されることも多い10秒飛ばしは、大学生にとって倍速視聴以上に「当たり前」の視聴スタイルだ。「よくする」「ときどきする」は75.8%、つまり4人に3人は普段から動画をスキップしている。「あまりしない」も足せば91.4%が10秒飛ばし経験者だ。

よく10秒飛ばしするコンテンツの第1位はYouTuberによる企画動画。当然ながら、よく10秒飛ばしするメディアの第1位もYouTubeである。YouTube動画の中にはチャプターで区切るタイムスタンプが設定されているものも多いので、「目的のシーンだけを狙って観る」という視聴習慣はユーザーの間に根付いている。その意味でも、「冗長なシーンを飛ばして目的のシーンだけを観る」10秒飛ばしは、きわめて自然な視聴態度と言えよう。

スポンサーリンク

またYouTubeでは、公開されている人気動画のハイライトシーンを投稿者以外のユーザーが抜き出し・編集して投稿する「切り抜き動画」も人気なので、それに慣れているユーザーにとっては「用意された(長い)動画を等速再生で律儀に全部観る」ほうが、むしろ特殊な行為なのかもしれない。

Netflix、Amazonプライム・ビデオ、TVer、ABEMA上で連続ドラマや映画を10秒飛ばしする人も少なくない。人物が登場しない淡々としたシーンや、「これは重要ではない」と判断された会話、あるいは残虐描写などの「苦手・不快なシーン」は容赦なくスキップされる。

スポンサーリンク

なぜ倍速視聴をするのか
倍速視聴・10秒飛ばし積極派の中には、そのように視聴する理由を「作品のせい」だとする人や、習慣に合わせてむしろ作品のほうが変わっていくべきだとも主張する人もいた。

「視聴者がだるいと感じる部分があるので、飛ばされても仕方がない」

「“間”を楽しめるほど表現に凝った作品がない」

「ここまで習慣化されているのだから、制作側が『視聴者は倍速視聴や10秒飛ばしするものだ』と認識して作品を作るべき。もしくは等速で観ないと100%楽しめないような作品を作ればいい」

スポンサーリンク

「製作者が等速で観ろと視聴者に強要するのは、生産者が消費者のニーズに応えず、一方的に作りたい製品を生産している状態に等しい」

「倍速視聴は視聴者のニーズの変化・進化の現れであり、特に驚くことではない。今までは作品単位で『好き・嫌い』がジャッジされていたところ、現在では作品内のシーン単位、感情単位で『好き・嫌い』が発生し、『嫌い』部分が飛ばされているだけ」

また、「どういう方法で観るかなんて、視聴者が自由に決めるものだ」という意見も多かった。

スポンサーリンク

「『等速視聴が正しい』というのは単なる決めつけ。そもそも娯楽が人間の心を楽しませ慰める活動である以上、自分にとっては倍速や10秒飛ばしで映像作品を見ることも娯楽のうち」

「動画配信サービス側が倍速視聴ボタンを設置しているのだから、それを使うことが製作者の意図を無視するとは思わない」

倍速視聴に賛成か反対かはさておき、時流や世情がそうさせているという指摘があったのも興味深い。

スポンサーリンク

「我々は考える前にネット検索できる環境に慣れているため、物語の結末まで待てなくなっているのかもしれない」

「TikTokなどの短尺動画がよく観られている中、30分や1時間のコンテンツを等速で最初から最後まで観るのはハードルが高すぎる。倍速視聴では作品性が伝わらないと批判する人もいるが、そもそも作品は観られなければ意味がない。倍速視聴だろうが10秒飛ばしだろうが、そういう視聴方法によって多くの人にリーチすることのほうが大事ではないか」

スポンサーリンク

動画編集における“カット”の感覚
倍速視聴や10秒飛ばしは、映像作品を作者が用意したままの形ではなく、自分にとって快適な形にカスタマイズして観る行為だ。倍速視聴・10秒飛ばし積極派である以下の学生は、そのことにとても自覚的だった。

「そのコンテンツにおいて必要ない、面白くないと感じる部分を、動画編集における“カット”の感覚でやっている。我々が映像視聴に割ける時間は限られている。作者が提示した作品の形のままではなく、自分なりの方法で映像を楽しみたい」

スポンサーリンク

ここまで倍速視聴や10秒飛ばしが当たり前の習慣になると、それらの機能が実装されていないメディアや対応していないデバイスでの視聴は敬遠されてしまう。実際、「ネットで視聴する作品をほとんど等速で見たことがない」というある学生は、「同じ作品がNetflixとAmazonプライム・ビデオの両方で視聴できる場合、必ずNetflixのほうで観る」という。Netflixには倍速視聴機能があるが、Amazonプライム・ビデオにはないからだ。

さらに、10秒飛ばしの「しやすさ」で動画メディアの良し悪しを評価する学生もいた。

スポンサーリンク

「YouTubeのスキップ機能が一番使い勝手が良い。他は10秒スキップを連打してもサクサク飛んでくれないことがあり、そこにストレスを感じる。某配信サービスは、自分がいつも観ているデバイスだと30秒スキップしかできず、使い勝手が悪かったので解約した」

ある種のユーザーにとって、もはや倍速視聴や10秒飛ばしという機能は、「一時停止」や「音量の上げ下げ」と並ぶくらい、映像視聴に必要不可欠な基本機能なのだ。

『鬼滅の刃』『イカゲーム』も早送り…大学生が「倍速視聴」をする理由(現代ビジネス) - Yahoo!ニュース
 映画やドラマなどの動画を初見で「倍速視聴」「10秒飛ばし」する習慣が広がっている。倍速視聴とは動画を1.5倍速、2倍速といった早送りで観ること。10秒飛ばしとは、冗長なシーンを文字通り飛ばす目的で
スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

ワイも音楽以外は基本1.5倍速で試聴してる。1.5倍速なら違和感あまりないし、時間がもったいない😙😙😙

コメント