日本列島に激震、感染症ランキングで梅毒が1位の快挙に

日本列島に激震、感染症ランキングで梅毒が1位の快挙に

増える梅毒に危機感

角田徹・都医副会長は、若年層を中心に梅毒が急速に増えている現状を報告した。
2016年は日本全体で4518人の患者が報告され、うち東京都は3分の1に当たる1673人。
2015、2016年では、結核を除くと最も感染症で報告が多くなっている。

全体では男性患者が多いが、20代から30代前半の若い女性が増えているとし、
「若い女性が増えると先天梅毒が増える」と危機感を示した。

角田氏は増加の背景は分かっていないとしつつ、
「外国人観光客による売春婦の利用が増えていることも要因と考えられる」と指摘している。

都医としては東京都と連携して医療機関に梅毒に特化した講習会を開催しているほか、一般向けの啓発にも力を入れるとした

東京都医師会、「都独自の受動喫煙防止策を作る」|医療維新 - m3.comの医療コラム
東京都医師会、「都独自の受動喫煙防止策を作る」|医療維新|激動の医療界の動きをm3.com編集部が独自の視点で取材・発信!

「梅毒」で画像検索してみ…衝撃的だよ:(;゙゚’ω゚’):

コメント