IOCバッハ会長、日本に激怒「なぜ無観客なのか理解に苦しむ」「見直すべきだ」

スポンサーリンク

[スキャナー]混乱広がる五輪無観客…バッハ会長「理解に苦しむ」

スポンサーリンク

東京五輪の観客数問題は、緊急事態宣言の対象になる東京都と、埼玉、千葉、神奈川の3県、北海道の競技会場が無観客に決まった。先月21日に「上限は収容定員50%以内で1万人」の方針が打ち出されて半月余りでの方針転換に、東京五輪・パラリンピック大会組織委員会や関係自治体などの間で混乱が広がっている。(教育部 渡辺光彦、北海道支社 大前勇)

「結論から言うと、札幌ドームの競技は無観客とする。組織委にお伝えして了承してもらった」。9日午後11時20分過ぎ、北海道庁で報道陣の取材に応じた鈴木直道知事は、興奮した様子で語った。

組織委は同日夕、札幌ドーム(札幌市)に上限1万人の観客を入れると発表した。だが、首都圏などと同様に無観客を求めてきた鈴木知事は反発し、直後の記者会見で「色々なことが急転直下で決まっていくが、プロセスがよくわからない」と不満を漏らしていた。

スポンサーリンク

関係者によると、国際オリンピック委員会(IOC)や政府、組織委などによる8日夜の5者会談に続く関係自治体の協議会で、道は無観客を念頭に全国一律の対応を求めた。だが、札幌市は観客容認の姿勢を示したこともあり、組織委が有観客を決めたという。

5者会談もすんなり決着したわけではなかった。

複数の関係者によると、IOCのバッハ会長は「東京などの感染状況が改善されれば(無観客を)見直すべきだ」と要望した。別のIOC関係者は、状況が深刻でない他県での競技実施を検討するよう求めた。バッハ会長は、日本のプロスポーツが有観客で開催されている点を挙げ、「五輪と別の対応で、理解に苦しむ」などと不満を口にしたという。会談後の共同声明には「感染状況に大きな変化が生じた場合、5者会談で対応を検討する」との一文が加えられていた。

スポンサーリンク

イベント中止
五輪は、政府が目指した「完全な形」から大きく変わった。公道利用の自転車ロードレース(東京・武蔵野の森公園スタート)やトライアスロン(同・お台場海浜公園)の沿道観戦は自粛を要請することになった。サーフィン会場(千葉・釣ヶ崎海岸サーフィンビーチ)で開く音楽などのイベントは中止。子どもたちが選手とともに入場したり、国旗を掲げて先導したりする「エスコートキッズプロジェクト」は取りやめとなった。

ボランティア
一方、大詰めを迎えていた準備は見直しを迫られている。会場周辺では「都市ボランティア」約4万人が活動予定だったが、観客の案内などが不要になった。都では無観客の可能性を想定し、公園に設置した大画面で観戦するライブサイトへの配置転換を検討していたが、先月19日、イベント自体が全面中止になった。パラリンピックでの活動を模索しているものの、観客の判断は五輪閉会後まで先送りされている。都幹部は「多くの人に活動してもらえる場を本当に用意できるだろうか」と頭を抱える。

スポンサーリンク

さらに、五輪のレガシー(遺産)として重要な位置を占めるのが子どもたちの体験だ。児童生徒ら向けに組織委がチケットを確保し、自治体などが購入する「学校連携観戦プログラム」は、コロナ禍の拡大で実施を見送る自治体が増加した。

サッカー会場の茨城県は宣言やまん延防止等重点措置の対象外で、「原則無観客」としながらも同プログラムに申し込んだ県内の小中高生に限り観戦を認める。一方で、無観客となった自治体の子どもたちは、完全に観戦の機会を失うかもしれない。将来を担う世代に五輪の意味や価値をどう伝えるかも、今後の大きな課題だ。

スポンサーリンク

スポンサー企業、対応追われ
PR施設取りやめ・入場関係者数を限定
首都圏での無観客開催は、五輪スポンサー企業に早くも影響を及ぼしている。競技会場で予定していたPR施設の設置取りやめや、入場する大会関係者数の限定といった動きが9日までに相次いだ。

関係者によると、キヤノンは、首都圏の会場で観客向けに計画していた体験型撮影ブースの設置を中止した。会場に自社の取り組みなどをPRするパビリオンを建設中のエネオスは、「対応を検討する」とした。

無観客となっても、組織委は新型コロナウイルスの感染拡大を抑えるため、大会関係者の入場を極力減らす方針を示している。パナソニックは会場に入る従業員らを「大会運営を支える業務に携わる者」にとどめることにした。家電の設置や保守に携わるスタッフらを想定しており、無観客会場では顧客を招待しないという。

スポンサーリンク

高額なスポンサー料を支払う企業にとって五輪は、自社商品などを世界にアピールする場となるはずだった。それが、コロナ禍で一転。五輪開催を疑問視する世論もあり、スポンサーは動きづらくなった。首都圏では、無観客が決まったことで観客向けの販売促進イベントもできなくなった。

あるスポンサーの広報担当者は「五輪を巡る状況は残念だが、新型コロナの感染者が増えているので仕方ない」と冷静に捉えており、「大会期間中もテレビCMを流すなどのPR活動はできる」と話した。アシックスは9日、無観客開催となっても業績には影響がないと発表した。

一方、旅行大手は、五輪観戦ツアーのキャンセルで大きな損失が見込まれる。別のスポンサーからは「チケットを購入し、顧客に配る予定だった。ホテルやバスを手配し、会場を案内する準備をしていたのに、努力が無になった」というぼやきも聞かれた。

https://www.yomiuri.co.jp/olympic/2020/20210710-OYT1T50086/

スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

嫌なら帰れよバッハ😩😩😩

コメント