sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

ベビーカーで電車に乗ってきたママ、周りの乗客がとった行動が話題に

   

ベビーカーで電車に乗ってきたママ 周りの乗客がとった行動に「これが普通」

「ベビーカーで電車に乗ると、周りの視線が冷たい」

「子連れで電車は、ほかの乗客に気を使う」

こんな悩みを抱える親御さんは、多くいます。

しかし、必ずしもすべての乗客が、子連れの親御さんに対して冷たいわけではありません。

漫画家の横山了一(@yokoyama_bancho)さんが目撃した、心温まるやり取りが話題を呼んでいます。

混雑した電車に、親1人と子ども2人

その日、電車に乗っていた横山さんが出会ったのは、子どもを2人連れたお母さん。

1人を腕に抱え、もう片方の手にはベビーカーという状態で、少し混雑した電車に乗っていました。

横山さん自身、2人のお子さんを持つお父さん。小さな子どもを2人も連れたお母さんの気持ちに共感する部分もあり「大変そうだな…」と見ていました。

そして、お母さんが電車を降りようとした時のことです。横山さんは「すごいなぁ」と感じるシーンを目撃しました。

混雑した車内で出口は反対側

お母さんが電車を降りようとするものの、出口は反対側。混雑した車内で、降りるのは大変そうです。しかし…。

ベビーカーで電車に乗ってきたママ、周りの乗客がとった行動が話題に

家族連れのため乗客が道をあけ、両手がふさがっているお母さんの代わりに、落し物を拾ってあげたのです。

優しさの連携プレーのおかげでスムーズに降りることができたお母さんは「ありがとうございます!」と、嬉しそうにその場を後にしていきました。

一連の流れをイメージするだけで、こちらまで心が温かくなるようなやり取りですね!

横山さんがこの件を漫画にして公開したところ、たくさんの反応が寄せられています。

  • 実際はこれが普通で、一部のおかしな人が悪目立ちしているだけなんですよね。
  • 東京は電車が主な交通手段だから、こうしたマナーが浸透しているのでしょうか。
  • 自分が子連れで乗車した時も、みなさん極力空間を作ってくださいました。本当に有難かったです。
  • 優しい世界…!素敵ですねぇ。

子どもを連れた親御さんに対して、冷たい対応をとったり不満を口にする乗客がいるのも事実です。

しかし「自分も似た経験をした」「周りの人が、とても親切だった」といったコメントが、多数寄せられていることからも、大多数がそうではないということが分かります。

横山さんが遭遇したような優しさあふれるやり取りは、見ているほうも、実際にされたほうもとても気持ちがいいもの。

もしも似たような状況に立ち会う機会があれば、協力的な対応をとれる優しさと心の余裕を持っていたいですね。

http://grapee.jp/345991

優しい世界(*´∀`*)

関連コンテンツ ユニット



 - Twitter・SNS, ニュース, ネット