【画像あり】13歳男児の子を身籠った人妻ベビーシッター(17)に懲役2年半・・・ご尊顔がコチラ

スポンサーリンク

13歳少年の子を身籠った人妻ベビーシッターに懲役2年半の有罪(英)

スポンサーリンク

英南東部バークシャー州レディングにある刑事法院で今月18日、2017年から数回にわたり未成年の少年に性的虐待を加え、子供までもうけていたベビーシッターの女に、懲役2年半の実刑判決が言い渡された。『Mirror』『The Sun』などが伝えた。

スポンサーリンク

英バークシャー州ウィンザー在住のレア・コルディス(Leah Cordice、20)は今から3年前、学生として保育を学び託児所で働く傍ら、近くに住む当時13歳の少年のベビーシッターをしていた。

スポンサーリンク

2017年1月、レアは友人らと飲んだ帰りに少年の部屋を訪れ、ゲームをしていた少年を巧みに誘惑すると事に及んだ。少年の母親は夜遅くまで仕事で家を空けることが多く、レアはその後も月に2回ほどベビーシッターとして少年宅に出向いていた。レアは少年に「アイ・ラブ・ユー」とメールを送りつけたり、軽食に使うお金をあげるなどして性的関係を続けたが2018年7月、母親が2人の関係に疑いを持ったことでレアの性的虐待が発覚。警察が調査を開始した。

スポンサーリンク

レアはちょうど少年と関係を持った17歳の頃に、自動車整備士見習いであるダニエル・ロビンズさん(21)と交際を始めていた。しばらくするとレアが妊娠し、ダニエルさんは「子供が誕生する前に正式に結婚したい」とレアにプロポーズした。ダニエルさんは「産まれてくる子は自分の子」と信じて疑わなかった。

スポンサーリンク

こうしてレアは出産予定日の5か月前にダニエルさんと結婚し、友人や家族を呼んで式を挙げハネムーンを楽しんだ。しかしレアは夫と新居に引っ越しても少年との関係を続け、2018年7月に警察に逮捕されたのだった。女児を出産したレアは「夫との子」と言い張っていたが、その後行われたDNA検査で少年が女児の父親であることが判明。女児は養子に出され、2人は離婚に至っている。

スポンサーリンク

レアは少年への性的虐待を否認し「少年は私に気があった。私が少年にレイプされた」と主張していたが、今月18日に行われた裁判でレアには懲役2年半の有罪判決が言い渡された。これによりレアは若年犯罪者施設に収監され、性犯罪者として登録されることになる。

スポンサーリンク

16歳になった少年は心に深い傷を負っており、ダニエルさんは「結婚式の頃が一番幸せだった。私は全てを失くしてしまった」と明かしている。またレアの弁護士は「勝者は誰もいない。未熟な若者が起こした非常に悲しいケースだ」とコメントしている。

https://article.yahoo.co.jp/detail/e95b25a07c0bb833e6c3648d6adef15add7bfc78

スポンサーリンク

13歳少年の子を身籠った人妻ベビーシッターに懲役2年半の有罪(英 ...

スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

うらやまチェンジ!😆😆😆

コメント